TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、R-1などの審査について語る「審査が公平か公平じゃないかなんて関係無い。売れるヤツは売れるの」

おぎやはぎ矢作、R-1などの審査について語る「審査が公平か公平じゃないかなんて関係無い。売れるヤツは売れるの」

2014.03.07 (Fri)
2014年03月06日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、R-1グランプリについて語り、そこからTHE MANZAIやR-1グランプリ、キングオブコントなどの芸人が出場するコンテストについて語っていた。

爆笑オンエアバトル おぎやはぎ
爆笑オンエアバトル おぎやはぎ [DVD]

矢作:審査って、お茶の間と審査員で違うだろうしさ、公平な審査方法を探すのって、難しいんだろうね。

小木:難しいね。

矢作:キングオブコントは、芸人が審査するじゃん。M-1は審査員がやってたね。俺らが出た1回目は、一般審査があって、俺たちのお陰でなくなったんだけど(笑)

小木:ふふ(笑)

矢作:審査って、大変だよ。何が公平とかってないからね。

小木:うん。

矢作:別に、公平じゃなくても良いんだよ。こんなもん。

小木:こんなもんってね(笑)

矢作俺から言わせてもらえれば、こんなもんね、審査が公平か公平じゃないかなんて、関係無いの。売れるヤツは、売れるの。

小木:うん、そうだね。

矢作:どんなに不公平な大会でも。

小木:そうそう。何位でも良いんだからさ、そんなもんさ。

矢作:だからね、審査で文句言ってるヤツはダメだよ。…俺は言うけど(笑)俺がもし落ちたら言うけど(笑)

小木:それは言うよ(笑)

矢作:「ふざけんな」ってね。でも、結果、そう(審査の公平性関係なく、売れる芸人は売れるべくして売れる)なんだよね。

【関連記事】
山里亮太、R-1ファイナルの馬と魚のネタを語る「今後の番組出演に活かせるネタ選び」

山里亮太、ピン芸人時代の迷走期を語る「それに比べてR-1ファイナリストは凄い」

オードリー若林が明かす、R-1準決勝敗退の先輩芸人の言葉「本気で取り組むと、失敗した時に本気で悔しい」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:ダチョウ上島、しまおまほの番組批評の一文に激怒「上島竜兵は全然、面白いこと言えません」

前の記事:おぎやはぎ矢作が語る、民放でNGだったネタをやらせてくれた『爆笑オンエアバトル』ディレクター