TOPマツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国 ≫ マツコ・デラックス、オタクと誤解されたくないなら服装変えろと提案「風貌にポリシー無いなら変えるべき」

マツコ・デラックス、オタクと誤解されたくないなら服装変えろと提案「風貌にポリシー無いなら変えるべき」

2014.02.27 (Thu)
2014年02月26日放送のテレビ朝日系の番組『マツコ&有吉の怒り新党』(毎週水 23:15 - 24:15)にて、タレント・コラムニストのマツコ・デラックスが、オタクファッションについて語っていた。

話の発端は、容姿だけでアイドル好きと決め付けられたという32歳男性の投稿者が憤慨していたことだった。それに対し、マツコ・デラックスがコメントしていた。

マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ 編
マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ 編 [DVD]

マツコ・デラックス(以下、マツコ):何かが好き、というのはみんなあるわけじゃないですか。

有吉弘行(以下、有吉):うん。

マツコ:だとしても、あんな風貌になります?

有吉:どうしてあんな風貌になるかってね。

マツコ:それはね、常々疑問に思ってたんですよ。物凄い方、いらっしゃるじゃないですか。秋葉原とかでロケとかしてると。

有吉:います。「どうしてそうなるの?日本で服、買ってますよね?」って(笑)

マツコ:そう(笑)普通に駅前のスーパーに行ったら、それにはならないだろって方、いらっしゃいますよね(笑)

有吉:います、います(笑)

マツコ:どうしたらあそこにたどり着くんですか?ずっと疑問だったんですよ。でも、ご本人に訊くわけにはいかないじゃないですか。

有吉:ふふ(笑)

マツコ:だから、きっとこの彼(投稿者)は、そういう感じに見えちゃったのよ。

有吉:うん。

マツコ:自分はそういうのではない、と。それでその風貌に何のポリシーも無いんだったら、変えた方が良い。

有吉:それが悪いって言ってるんじゃないけどね。

マツコ:プライドやポリシーがあるっておっしゃるなら、貫けばいいのよ。でも、言われるのがイヤだっておっしゃるんだったら、ね?

有吉:僕もグッチのスーツ買って気持ちが変わったって当事者だから言えるんだけどね。服を変えて見るのも手かなって(笑)

マツコ:ふふ(笑)

有吉:良かった、グッチ買っといて(笑)危なかった(笑)

【関連記事】
ウーマンラッシュアワー・村本大輔「オタクにイジめられて高校を辞めた」

よゐこ・有野「加藤浩次の長男が弟子入りしてきた」

マツコ・デラックス「最近の女性は、自分の人生設計を甘く見過ぎている」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,マツコ・デラックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国
次の記事:有吉弘行が語る、嫌な人と無理に付き合う必要はないという理由「そういう人は皆から嫌われているから」

前の記事:有吉弘行が語る、人気のないタレントがレセプションに呼ばれるワケ