TOP加藤浩次の本気対談!コージ魂!! ≫ 野村克也が語る、努力を継続する大切さ「努力に即効性はない。何年後かに差が出てくる」

野村克也が語る、努力を継続する大切さ「努力に即効性はない。何年後かに差が出てくる」

2014.02.26 (Wed)
2014年02月23日放送の『加藤浩次の本気対談!コージ魂!!』にて、元楽天イーグルス監督の野村克也(以下、野村)がゲスト出演し、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(以下、加藤)と対談していた。そこで、野村が努力を継続する大切さについて語っていた。

私が見た最高の選手、最低の選手
私が見た最高の選手、最低の選手

野村:貧困家庭でしたから、なんとか金儲けして母親を助けてやらなければいけないって家庭でしたから。父親が3歳のときに戦争に行って亡くなってるんですよ。

加藤:あぁ、そうですか。

野村:母親がめちゃめちゃ苦労してるんですよ。

加藤:どうやってプロになったんですか?

野村:テストです。全国高校野球京都府予選でホームラン打ってるんですよ。1球団くらいくると思うじゃないですか。1個も来ない。

加藤:星ですね(笑)

野村:たまたま新聞配達してましたから、スポーツ新聞の片隅に、「南海ホークス新人募集」っていう広告が出てたんですよ。

加藤:スポーツ新聞に。

野村:えぇ。11月23日、午前9時からって。

加藤:はい。何人くらい受けたんですか?

野村:300人以上いましたね。その中で7人受かって。

加藤:はい。

野村:そこに大監督、鶴岡監督がいないんですよ。

加藤:当時の監督ですね。

野村:そうそう。それと7人の合格の中に、4人がキャッチャー。2人ピッチャーで、1人が外野手。なんだこれはって思って。

加藤:キャッチャーが欲しかったんですかね?

野村:ブルペンキャッチャーですよ。

加藤:あぁ、そういうことか。

野村:南海に入って分かったんですよ。

加藤:レギュラーになれない、ピッチャーの球を受けるだけの仕事ですよね。

野村:朝から晩まで、ブルペンで球を受けてるだけ。試合にも使ってくれなくて、2軍戦にも出してくれない。

加藤:使う気がないってことですよね。そこからどう這い上がっていったんですか?

野村:1日、平等に24時間与えられてる、と。その24時間の使い方だなって思って。

加藤:19歳くらいですか?

野村:そうです。練習では、グラウンドではみんな同じようにやる。そのグラウンド離れてからが勝負になるなって思って。

加藤:はい。

野村:とにかく自分の練習メニューを作って、大きなカレンダーをもらってきて、自分の練習メニューをこなした日は○ってつけて。

加藤:どんなメニューだったんですか?

野村:バットスイングよ。回数じゃなくて、2時間、とか。

加藤:素振り2時間?空いてる時間ずっとやってたんですか。

野村:もう、給料も安かったからね、遊びに行けない(笑)

加藤:いくらくらいですか?給料。

野村:7,000円。

加藤:月給?当時のサラリーマンの月給ってどれくらいですか?

野村:6,000円かそこらでしょ。それで合宿に入ってましたから、合宿費が3,000円とられて。

加藤:とりやがるんですか?

野村:とられる。背広1つ買えない。学生服で通しましたよ、2年。もうピカピカですよ(笑)

加藤:高校卒業したのに、学生服ですか?

野村:そうですよ。冬が困りました(笑)

加藤:凄い生活ですね。

野村:プロ野球にいったら、凄いお金もらって、凄い美味しいものを毎日食べて、好きな野球やって…って夢見てたんですけどね(笑)

加藤:全く違ったんですね。

野村:まるっきり違いましたね。

加藤:「なにクソ」って思って、練習以外も練習に使って、筋トレを始めたわけですよね。周りはどうなりました?

野村:結局、続かないんですよね。未だに言ってるんですけど、私が監督になってから口癖でしたけど、「努力に即効性はないよ」と。

加藤:たしかに。

野村:努力の効果っていうのは、ジワジワ何年か後に出てくる。普段、頑張ってるヤツと、遊んでるヤツの差は、年が経つにつれて出てくる。

加藤:1年やそこらでは出てこないんですね。

野村:えぇ。

加藤:周りは見てくれてるもんですか?

野村:これは私、生涯忘れないんですけど、ある日、2軍の監督が「みんな集まれ!」って言うから集まって。「手を出せ」って。マメの検査なんですよ。

加藤:あぁ。

野村:「なんだこの手は」ってみんな怒られて。「女の子の手みたいにしやがって」って。僕はマメだらけでしたから。

加藤:2時間振ってますからね。

野村:嬉しかったですね。監督が「おぉ、凄いな。みんな見ろ、これがプロの手だ」って言ってくれて。嬉しかったですね。

加藤:はい。

野村:ますます振りますわね。

加藤:はいはい(笑)嬉しいですもんね。

野村:マメ作るのが目的ですから、それは振った振った。

加藤:そこからですか?監督がちょっとずつ目をつけて。

野村:来年、頑張るぞって1年目終わった。その時にクビ宣告ですよ。

加藤:え?解雇?

野村:課長が部屋で、「どうだプロは?」って訊いてきて。「大変な世界ですね」って。「でも、来年から楽になるよ」って。「なんですか?」って「クビだよ」って。何にもしてないのに。

加藤:ブルペンキャッチャーでしたからね。

野村:「納得いきません。納得させてください」って言われて。「この目で分かるんだよ。ワシらが見たら、素質があるか無いか分かる。お前はムリだ」って。

加藤:球団側に言われたんですか?

野村:そうです。課長に言われましたよ。

加藤:そこからどうしたんですか?

野村:「イヤです。どうしてもクビなら、もう私は帰りに南海電車に飛び込んで死にます」って。

加藤:はっはっはっ(笑)

野村:とにかく脅かさなきゃしょうがないって。ポっと出たんですよ。

加藤:19歳でよくでましたね(笑)

野村:「お前変わっとるな。ちょっと待っとれ」って言われて。10分くらい後に、「よし分かった。こっちで面倒みたる」って。「ありがとうございます」って。

加藤:言ってみるもんですね。ボヤキの始まりみたいですね(笑)

野村:3年目に1軍に上がって、クビ宣告した課長が球場で会うと、わざと目の前に行って、「おはようございます!」って挨拶して(笑)

加藤:ふふ(笑)

野村:毎晩、毎晩、マメを作るのを楽しみにやってたのが、2年目、3年目にちょっと効果が出てきましたね。

【関連記事】
野村克也×加藤浩次 対談「野村克也が語る 楽天を突然クビになった裏話」

野村克也が語る、自分と星野仙一監督の違い「自分とは正反対のタイプ」

バナナマン・設楽が語る「努力する方向性の重要さ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 野村克也,加藤浩次,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  加藤浩次の本気対談!コージ魂!!
次の記事:南キャン山里、ソチ・オリンピックによる影響で不調と告白「スベリ過ぎて頭痺れた」

前の記事:野村克也が語る、自分と星野仙一監督の違い「自分とは正反対のタイプ」

本日の注目記事