TOP有吉ジャポン ≫ 西川史子、離婚を決意したのは爆問・太田光の妻の一言「もっと早ければとっくに別れてた」

西川史子、離婚を決意したのは爆問・太田光の妻の一言「もっと早ければとっくに別れてた」

2014.02.22 (Sat)
2014年02月21日放送のTBS系の番組『有吉ジャポン』(毎週金 24:20 - 24:50)にて、女医・タレントの西川史子が出演し、離婚を決意したきっかけは、爆笑問題・太田光の妻・光代夫人の一言だ、と発言していた。

女盛りは、賞味期限が切れてから
女盛りは、賞味期限が切れてから

有吉弘行:セカンドシングルですか(笑)

西川史子:そういうことです。

有吉弘行:ふはは(笑)

西川史子:11月から別居してるんですよ。それで私は、前に主人といた家に住んでて。3月から引っ越して、1人で新生活をするので、それに向けて、色々買いたいな、と。

有吉弘行:はい。どうですか?一人暮らしになって。

西川史子:ローンのことで、頭がいっぱいですね。

有吉弘行:そうですよね、新居買われたんですもんね(笑)

西川史子:そうなんですよ。サンジャポの方にもロケ来ないか、と(笑)

有吉弘行:稼がなきゃ、と(笑)太田社長は一人暮らしされてましたか?

太田光代:私はもう、17歳、高校生の頃から一人暮らしですね。

有吉弘行:そうですか。

太田光代:自立してましたから。

有吉弘行:いいですか?一人暮らし。

太田光代:いいですね、一人暮らし。最高ですよ。戻りたいわ。

有吉弘行:やめてくださいよ。今、一時的に仲が悪くなってるんですから(笑)

太田光代:もっと早ければ、とっくに別れてるんですけどね。

有吉弘行:いやいや(笑)

西川史子:この話を聞いて、私も離婚を決意したんです。

有吉弘行:悪いなぁ(笑)

【関連記事】
有吉弘行「ブスなアイドルが許容されるようになったワケ」

西川史子が語る「離婚した真相」 書き起こし

南キャン・山里「西川史子が石川県名産品を『生ゴミ』と表現」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,西川史子,太田光代,太田光,爆笑問題,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉ジャポン
次の記事:爆笑問題・田中、久米宏に憧れアナウンサーを目指した過去「大学生時代での意外な接点」

前の記事:バナナマン設楽、槇原敬之の新曲のカバーに「昔、似てると言われコントで真似した」