TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ マツコが語る、人生における幸せ「鈍感で幸福であるぐらいだったら、敏感で不幸で居たい」

マツコが語る、人生における幸せ「鈍感で幸福であるぐらいだったら、敏感で不幸で居たい」

2014.02.20 (Thu)
2014年02月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、マツコ・デラックス(以下、マツコ)がゲスト出演していた。そこで、人生における幸せについて語っていた。

マツコの部屋 アタシ、誰のために生きてるの? 編
マツコの部屋 アタシ、誰のために生きてるの? 編 [DVD]

山里:きゃりーぱみゅぱみゅの生誕祭で、酔っ払って。そこでクラブとかに遊び慣れたお客さんに向かって、「お前らより俺のほうが幸せだ。お前らはペラペラの人生だ!」みたいなことを言い続けてたみたいなんです。

マツコ:そこはさ…どっちが幸せだと思う?

山里:え?

マツコ:気づいてしまった人間と、気づかない振りをしている人間、どっちが幸せ?私はそこが山ちゃん、間違ってると思うのよ。

山里:え?

マツコ:私は、クラブで遊んでた彼らや彼女たちの方が幸せだと思う。あなたみたいな人は、本当に幸せになれないタイプよ。

山里:うそ…マツコさん。楽しいですよ、毎日。

マツコ:楽しい?本当に楽しい?こんなに色んなことに気づいてしまって、池上彰さんの弟子にまでなって(南キャン・山里、池上彰に弟子入りして書生をしていた過去)。

山里:いやいや(笑)

マツコ:この年になっても、向上心と勉強熱心さで生きてる人が、本当に幸せ?

山里:勉強してて分かった時とか、楽しいって思う幸せありますよ。

マツコ:あぁ、そういうタイプなんだ。日能研とか行っちゃうタイプだね。

山里:進学塾ですね(笑)

マツコ:四谷大塚とか行くタイプね。それだったらいいよ。一個一個、成果を上げていくことで幸福感を得られるタイプね。

山里:そうですね。

マツコ:じゃあ、良い。余計なお世話だったね。それだったら、クラブで夜な夜な遊んでる連中よりは、自分の方が幸せだって思えるだろうね。

山里:いや、待って(笑)マツコさんからハシゴ外された気がする(笑)

マツコ:そんなことないって。私は逆なのよ。ウチの事務所から、246に抜けるのに、道玄坂の交番のところから下り坂あるじゃない?東急本店の方に。私、あそこが今、一番退廃的な道だと思ってるんだけど。

山里:ふふ(笑)

マツコ:あそこを抜けるわけよ。もうね、バイオハザードみたいに、車で避けて通らなきゃいけないわけ。世捨て人みたいな若者たちを。

山里:ダラダラ歩いてる人たちですね(笑)

マツコ:だから、そういう人たちを見て、私は「彼らの方が幸せだ」って思うのよ。

山里:あぁ。

マツコ:彼らを見ながら、「お前ら、何の役にも立ってないわ、日本の」って思っちゃってる自分が不幸なんだって思うの。

山里:ストレス感じなくても良いわけですからね。

マツコ:そうよ。それで、どういう仕事をして生きているのか分からないけど、なんとなく毎日、楽しく生きてるわけじゃない、彼らは。幸せじゃない。何が不幸なの?

山里:向こうが、自分より不幸だって思わないとやってられない…。

マツコ:ほら、そう言ってる時点で、全然幸せじゃないじゃない。

山里:いや…たしかに(笑)

マツコ:どうする?幸せにしておく?不幸にしておく?2択。

山里:う~ん…不幸かな。

マツコ:私は、幸せ。

山里:ズルいよ!

マツコ:そういうのも込みで、幸せだって生きてる。

山里:あまりにも心にくると、「うわ~」って言うだけなんですね(笑)

マツコ:自分も気づいちゃうタイプだからいうけど、これで良いと思ってる。

山里:はい。

マツコ鈍感で幸福であるぐらいだったら、敏感で不幸でいたいって思う。山ちゃんも、そうだと思う。

山里:はい…。

マツコ:こんな、瀬戸内寂聴みたいな話で良いの?

山里:ふははは(笑)普通に良い説法を聞いてるみたいになっちゃいましたね(笑)

【関連記事】
マツコ・デラックス「最近の女性は、自分の人生設計を甘く見過ぎている」

マツコ・デラックスが語る、テレビタレントを続ける上での覚悟「ダメな時は『さようなら』」

マツコ・デラックス、TBSラジオのプロデューサーに言われたショックな一言


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,マツコ・デラックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:マツコ・デラックスが語る、明石家さんまに言われて泣いて喜んだ一言

前の記事:マツコ・デラックスが語る、テレビタレントを続ける上での覚悟「ダメな時は『さようなら』」