TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ 大久保佳代子、ガッツ石松にキレられて水を掛けられた過去

大久保佳代子、ガッツ石松にキレられて水を掛けられた過去

2014.01.24 (Fri)
2014年01月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、大久保佳代子のツライ仕事について語っていた。

大久保佳代子劇団 「村娘」
大久保佳代子劇団 「村娘」 [DVD]

矢作兼(以下、矢作):キレられたことってある?

小木博明(以下、小木):…思い出した。ある収録で、大久保さんと俺で、やった番組でね。

矢作:うん。

小木:ガッツ石松さんがね、本気でキレて。

矢作:あぁ、俺その場にいたわ。

小木:アレ、本気だったのかね。

矢作:アレ、本気。

小木:すげぇ謝ったけど。

矢作:ふふ(笑)

小木:大久保さんが可哀想で。俺と大久保さんがケンカして、そこに仲裁で入ってくるガッツ石松さんに、「うるせぇよ、このジジイ!」とか、大久保さんに対する言葉で俺も言っちゃう、みたいな感じでね。

矢作:そうそう。

小木:そういう風にやってたら、大久保さんのなんかの言葉で、急にキレ始めたんだよね。

矢作:キレた?

小木:「女が生意気なこと言ってんじゃねぇよ!」とか。

矢作:うん。

小木:それで大久保さんが水を掛けられて。

矢作:そうだったね。ブチ切れ。

小木:アレで大久保さんが可哀想になっちゃってさ。俺が本当はキレられるはずなのに、大久保さんの方にいっちゃったから。

矢作:うん。

小木:間に入って、凄い謝ったけど。でも、そのときも「これ本気?演技?」って思ってたけども。

矢作:アレはマジだったね。でも、ああいう人たちの特徴なんだけど、パってキレるんだけど、すぐに直るんだよね。根に持たない感じ。

小木:そうそう。それが分からなかったの。「どっちなんだろう?」って。急に普通になるから。

矢作:感情的な人って、素直でむしろ良いんだよ。

小木:収録現場にいたけど、やっぱりキレられるってイヤだね。

矢作:その場で許してくれればいいけどね。根に持たれる方がイヤじゃん。

小木:そうだね。ガッツ石松さんは、手を出しそうで怖かったんだよなぁ。

矢作:あぁ、そうだね。絶対に出さないだろうけどね。

小木:ボクサーだから、反射的に出るんじゃないかって。その怖さはあったよ。パンチを食らうんじゃないかって。

【関連記事】
大久保佳代子「男性経験は早めにしておいた方が良い理由」

伊集院光が語る「坂上忍の巧みなヒールっぷり」

ナイナイ・矢部、光浦が語る「女芸人とは」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,小木博明,矢作兼,大久保佳代子,ガッツ石松,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:志村けん、ウーマンラッシュアワー批判での炎上に「俺はそう思ったってだけ」

前の記事:おぎやはぎ・矢作「番組収録中に怒って帰った元政治家」