TOP単発番組 ≫ 堀江貴文「秋元康を超え、いつか第二のAKB48を作りたい」

堀江貴文「秋元康を超え、いつか第二のAKB48を作りたい」

2014.01.14 (Tue)
2014年01月12日放送のBS日テレの番組『加藤浩次の本気対談!コージ魂!!』に、堀江貴文がゲスト出演していた。そこで、秋元康のプロデュース能力について語っていた。

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく
ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江:「みんなから好かれたい」とか、言えないんですよ(笑)

加藤:なんで?

堀江:そこが難しいんですよ(笑)

加藤:僕なんて、1人でも多くの人に好かれたいですけどね(笑)ほとんどの人、そうだと思いますよ。

堀江:あぁ。

加藤:やっぱり反逆精神というか、カウンターを打ちたい自分がいるんですか?

堀江:あるんでしょうね。カウンターを打ちたい自分というのが。

加藤:うん。

堀江:そこは、自分のアイデンティティの1つでもあるので、少しでも「世の中の人がこう考えてるんだったら、俺はこう考える」って斜め45度を見ないとダメだなっていうのがあるんで、それはあるかも知れないですね。

加藤:でも、カウンターを打ち続けるんだったら、ヒールに徹しないとダメですよね。

堀江:うーん…そこは難しいですね、出来ないですね。

加藤:うん。

堀江:そこは、絶妙なバランスのところに立っていたいですね。

加藤:うん。

堀江:これは秋元康さんに言われたんですけど、「お前の『ゼロ』って本の表紙があまりにも綺麗過ぎる。これじゃあ、ミリオン(100万部)いかねぇぞ」って言われて。

加藤:それは、イメージと違うから?

堀江:いや…秋元さんは、「お前の魅力って思われてる部分っていうのは、ある意味"いかがわしいホリエモン"みたいなモノも込みのキャラクター・価値だから。それが無くなっちゃうと、みんなが魅力を感じなくなるんじゃないか?」って仰ってましたね。

加藤:秋元康さんが?それはちょっと分かるな。

堀江:この人、本当に常に考えてるなって思って。プロデューサーとしては敵わないなって思いますよね。

加藤:そこは凄い人ですよね。

堀江:僕は自分が出て行って、プロデュースするっていうコンボでいかないと、秋元さんを超えられないなって思いますね。

加藤:秋元さんを超えたいって思いはあるんですか?

堀江:いや、超えたいっていうのがあるワケじゃないんですけど、プロデュース能力では敵わないなって思うんで、合わせ技で勝とう、みたいな(笑)

加藤:勝ちたいっていうのはあるんですね。堀江さんにとって、"勝つこと"ってなんですか?

堀江:満足ですね。俺もAKB48とか見てると、「俺もああいうのやってみたいな」って思うんですよね(笑)

加藤:ふふ(笑)意外にミーハーなところがあるんですね(笑)

堀江:そうですね。ありますね。

加藤:ああいうの、プロデュースしてみたい?

堀江:そうですね。

【関連記事】
堀江貴文×加藤浩次 対談「フジテレビ買収の舞台裏」

秋元康が語る「AKB、ももクロ、モー娘。の違い」

伊集院光「峯岸みなみ騒動で垣間見える秋元康の煽りスキル」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 秋元康,堀江貴文,加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:ウーマン・村本、相方の母親に「息子さんを産んでくれてありがとう」と電話

前の記事:堀江貴文×加藤浩次 対談「フジテレビ買収の舞台裏」