TOP単発番組 ≫ 大友康平「親の仕事は背中を押すことで、レールを敷くことではない」

大友康平「親の仕事は背中を押すことで、レールを敷くことではない」

2013.12.31 (Tue)
2013年12月31日放送のフジテレビ系『Mr.なでしこ』にて、大友康平が親の役割について語っていた。

大友康平は、娘に過干渉過ぎるつちやかおりに対し、「俺はロッカーになる、と親に言ったとき、反対されると思ったら、されなかった。だけど、『(ダメだったとき)ウチの材木屋を継ぐつもりだったらやめた方が良い』と言われた」と、自身の過去について語りだした。

「親の役割は、背中を押すことで、レールを敷くことではない。レールを敷くのは、子供の仕事だ」と説き、過干渉な親への警鐘を鳴らしていた。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:バカリズム「全く敬語が使えない狩野英孝」

前の記事:伊集院光「ネルソン・マンデラ追悼式典でのデタラメ手話通訳の真相」