TOPたまむすび ≫ 町山智浩×春日太一「俳優界の最強は渡瀬恒彦」

町山智浩×春日太一「俳優界の最強は渡瀬恒彦」

2013.11.24 (Sun)
2013年11月19日放送の「たまむすび」にて、春日太一がゲスト出演し、町山智浩と俳優界の最強について語られていた。

この記事に記載した内容の前の話はこちら:町山智浩×春日太一「東映などの映画会社と闇社会の結びつき」

あかんやつら 東映京都撮影所血風録
あかんやつら 東映京都撮影所血風録

天才 勝新太郎
天才 勝新太郎 (文春新書)

丹波哲郎の逸話

山里亮太「昔、丹波哲郎さんが飲酒検問で『ちょっと外に出てもらえますか?』って言われて、『安心しろ。俺はGメンだ』って言ったって話があるんですけども」

町山智浩「本当ですか?(笑)」

春日太一「丹波さんは半分冗談だったらしいですけどね。丹波さんも、無茶苦茶な人ですからね」

町山智浩「丹波さん、亡くなる直前に飲んだことがあって。片っ端から会った人に『僕は君とセッ○スしたっけ?』って言うんですね」

赤江珠緒「片っ端から?(笑)」

町山智浩「片っ端から。とりあえず。それは、してて忘れたら失礼だから訊くって言ってましたよ」

春日太一「その丹波さんも京都で酷い目に遭ってて。『俺は普段は真剣で殺陣をやってるからね。京都は竹光でやってるから大したことないよな』なんて言うわけですよ」

町山智浩「ウソばっかりついて(笑)」

春日太一「それで東映の人たちはカチンときて、ニコニコしながら『そういう風に準備します』って言って、相手役の人が薙刀の名人って役の人と戦うんですけど、本物の薙刀をもってグルグル振り回して。さすがに丹波さんもビビっちゃって(笑)」

町山智浩「映画の撮影所はね、『ケンカが強い』って人が入ると、まずはそれをシメるところから始まります」

春日太一「もっと凄いのを見せてやるって言って」

町山智浩「だいたい、殺陣師の人ってホンモノの人たちだから。時代がこういう時代だから殺陣師をやってるけど、昔だったら剣豪やってる人たちだから」

春日太一「だって、殺陣の勉強するために実際に剣術、護身術とか空手とか全部学んでるからめちゃくちゃ強いんですよ」

町山智浩「それで、チンピラとか暴走族上がりとかが入るじゃないですか。まずそいつらを徹底的にシメるところから映画の撮影が始まるんですよ」

春日太一「僕も取材に行って、殺陣師の人たちと飲んだりするんですけど、もう狂ったように飲まされますからね。グイグイ、八海山を半分くらい一気で飲まされて」

渡瀬恒彦 最強伝説

町山智浩「そういう怖い人たちばっかりで、その中で最強と恐れられてる人ってだ誰だと思います?俳優さんで」

山里亮太「勝新太郎さんとかですか?」

町山智浩「渡瀬恒彦さんなんです。渡瀬恒彦 最強伝説っていうのがあるんですよ」

春日太一「命知らずの人ですからね。とにかく何でもやるっていう」

町山智浩「アクションシーン、一切、スタントマンを使わないんです」

赤江珠緒「へぇ~」

春日太一「バスジャックの映画があるんですけど、『狂った野獣』っていう。その時は、バスにオートバイで並走して、オートバイの後部座席から、バスの窓に乗り移るんです」

町山智浩「オートバイからバスに乗り移るのを本人がやってるんです」

春日太一「猛スピードで走ってるんですよ。それを1カットでやってるんです」

山里亮太「えぇ?!」

春日太一「さらに、そのバスを自ら運転して、横転までさせるんです」

町山智浩「バスでパトカーを何十台も轢き潰して、その後にバスがクラッシュするんです。ずっと渡瀬恒彦が運転席にいるんです。もうどうかしてる人なんです」

春日太一「それで『渡瀬さん、スターなんだからあんまりそういうことやっちゃダメだよ』って言われたら、『俺にはこれしかないんだよ』って言って。当時、まだ演技力に自信が無かった頃なんで」

町山智浩「『とにかく、俺は体を張れば良いんだ』って思ってたんですよ」

山里亮太「えぇ?!」

春日太一「開いた車のドアに、ずっとぶら下がったまま猛スピードで走ったりとか。そういうのをひたすらやってたんですよ」

山里亮太「そんなイメージないですけどね」

赤江珠緒「今はタクシードライバーの事件簿とかやってますけどね」

町山智浩「当時は、マッドドッグって言われてたんです」

春日太一「狂犬って言われてたんです」

町山智浩「本当に怖かったみたいで。その横転したバスに川谷拓三さんも乗ってらっしゃるんですけど、川谷拓三さん映ってないんですけど、リアリティのために乗ってるんです。死ぬかもしれないのに(笑)」

春日太一「本当に危なかったんですって。みんな青ざめて悲鳴上げてたってらしいんですよ。そんなにケンカ強い人たちが。みんな『渡瀬さんには敵わない』って」

赤江珠緒「『地獄でなぜ悪い』じゃないですけど、本当に命がけで撮ってたんですね」

町山智浩「あの映画の中で、『死んでも良い』って気持ちでやるじゃないですか。渡瀬さんは、一歩間違ってれば死んでた人ですから」

ホンモノだった時代劇役者

春日太一「殺陣が上手いから、それもあるんですよ。千葉真一さんとやっても、千葉真一さんが勝ちそうに見えないんです。構えると、隙がないですから。居合の名手だから」

町山智浩「殺陣が上手い人で、若山富三郎さんも凄いんですよ。あの人も、本当に人を斬れる技術を持ってる人なんです。それと近衛十四郎さん」

春日太一「松方弘樹さんのお父さんですね」

町山智浩「松方弘樹さんのお父さん、近衛十四郎さんは本当に剣豪だった人なんです」

山里亮太「その時代の映画のシリーズを観ると、今と違って殺陣のシーン、チャンバラのシーンって、めちゃくちゃリアルで生々しいんですね」

町山智浩「生まれるのが100年ズレてたら、人斬りだった人たちなんです」

春日太一「緒形拳さんも」

町山智浩「緒形拳さんって、渋い演技派俳優だと思ってる人多いけど、緒形拳さんってアクション俳優なんです」

山里亮太「えぇ?!」

春日太一「元々、新国劇っていう時代劇専門の劇団で育った人ですから」

町山智浩「あの人、物凄いですよ。殺陣とか。あと、ものすごく高いところからジャンプしてて」

春日太一「あの人も命知らずですからね」

町山智浩「あの人も危ない人で」

春日太一「役に入っちゃうと、見えなくなっちゃう人なんです。そして、命がけの感じが、画面に出てるんですね。凄い迫力になってるんです」

【関連記事】
町山智浩×春日太一「東映などの映画会社と闇社会の結びつき」

映画評論家・町山智浩「過酷なアメリカ社会でヒットしている映画の特徴」

映画評論家・町山智浩「映画音楽がクラシックに似ているワケ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 町山智浩,春日太一,渡瀬恒彦,若山富三郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:爆笑問題・太田「猪瀬都知事は他人(道路公団)に厳しく自分に甘いのか」

前の記事:町山智浩×春日太一「東映などの映画会社と闇社会の結びつき」