TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林「ポップカルチャーの最先端となっている初音ミク、ラノベ」

オードリー若林「ポップカルチャーの最先端となっている初音ミク、ラノベ」

2013.11.11 (Mon)
2013年11月09日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、初音ミク、ライトノベルなどについて語られていた。

初音ミクの消失 小説版
初音ミクの消失 小説版

若林「俺、5月に本(社会人大学人見知り学部 卒業見込)を出して。このラジオでも話したかな…今、売れてる本って、ライトノベルっていうらしいのね」

春日「うん、なんか言葉だけは聞いたことはあるね」

若林「今ね、売れてる本の話をしてたら、『ライトノベルって凄い』って話になって」

春日「うん」

若林「総合に入らないのかなぁ…200万部とか売れてる本があるんだって」

春日「大ベストセラーじゃないですか」

若林「村上春樹さんの新作『矢崎滋の街角インタビュー』…じゃなくて。『矢崎滋の巣鴨でおばあちゃんと食べ歩き』だったっけ?」

春日「それ、ミニ番組だから(笑)」

若林「『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が、80万部くらいじゃない?100万部いってないよね」

春日「うん」

若林「『なんですか?それ』って訊いて。シリーズ累計か分からないけどね。それで『どういう本なんですか?』って訊いたら、作曲家とかじゃない人が、パソコンで作曲する話なんだって。初音ミクとかで曲を作るんだって(初音ミク、ボーカロイドを題材とした小説としては、カゲロウデイズ -in a daze-初音ミクの消失 小説版などがある)」

春日「うん」

若林「初音ミクが歌って、その再生回数が一番かなんかになったら、そのCD音源を出したら、オリコン1位になったんだって」

春日「へぇ」

若林「普通のアーティストをおさえてよ?『なんすか?その話』って反応しかできなかったけどね。知らないから」

春日「その辺の人が作った曲が、1位になったの?いつ?」

若林「そういうことが起こってるんだって」

春日「へぇ」

若林「ももいろクローバーZやAKBですら、ちょっともう山ちゃんとかに比べたら疎いのに、そこまで全然手が届かないじゃん」

春日「うん」

若林「その売れた曲の歌詞をもとに小説家でない人がライトノベルを書いたら、何万部も売れる。それが、話を聞いた人の今の出版社を支えてるんだって」

春日「へぇ~凄いね」

若林「凄いよね」

春日「初音ミクって、どうやって生まれたの?その人が曲を作ったりするわけじゃないんでしょ?」

若林「一般の人が作って」

春日「参加できるようになってるんだ?」

若林「春日が作っても…二つ名が無いとダメだけどね」

春日「何なの?その二つ名って」

若林「K-1の選手で、アキバっぽい人入るじゃん?」

春日「長島☆自演乙☆雄一郎選手?」

若林「うん。ハンドルネームというか、(○○)みたいな、別の名前が入ってるらしいのよ。二つ名っていうらしいね。具体的に出てこないから、もどかしいんだけど(笑)」

春日「どういうこと?」

若林「若林正恭(ピーダカジェーティー@)これが俺の二つ名ですよ(笑)」

春日「あぁ…」

若林「イメージ沸かない?俺も分からない。又聞きだから」

春日「あぁ、なるほどね」

若林「だから、春日俊彰(T.comOF)が、お前の二つ名ですよ」

春日「カッコイイ(笑)」

若林「…聞いたらね、初音ミクのコンサートていうのがあって。ライブがあって」

春日「どうするの?それ」

若林「横浜アリーナ満員なんだって。画面に、初音ミクがバーンって映し出された瞬間に、ウオー!ってなるんだって」

春日「へぇ~」

若林「知らないでしょ?時代遅れのライブとかやってるからだよ」

春日「本当だよ(笑)」

若林「もう、生身の人間が出てきたらダメなんだよ。春日俊彰(T.comOF)のCGと、若林正恭(ピーダカジェーティー@)のCGが出てきて漫才やらないと」

春日「そうなると、ウオー!ってなるんだ?」

若林「青銅(構成作家)さん、やろう。初音ミク的なもので漫才作って。そうすれば、俺ら家にいてもいいんだもん(笑)」

春日「そうだね、やろう(笑)」

若林「オードリーの二つ名、どうする?」

春日「どうするか…」

若林「オードリー(ケイダッシュステージ所属)」

春日「そうだな(笑)」

若林「そのままじゃん(笑)オンバトに出るときの表示だよね(笑)」

春日「ふふ(笑)」

若林「そういうのも全然知らないんだなぁって。何百万部も売れてるものとかに対してもさ」

春日「そうだね」

若林「それをテレビで扱わないのはどうしてかな?」

春日「バラエティに出ても良いだろうにね。そんな人気あるんなら。でも、歌番組とかには出てるのか?」

若林「前に番組で、色んなことが起きてることを何人かで話すって番組があって」

春日「うん」

若林「客席に今の子たちの代表の声として、渋谷のギャルとかが100人くらい揃ってたんだけど、今、一番、最新の言葉を持ってる子たちってギャルとかじゃないよね」

春日「あぁ」

若林「ギャルもそうなんだけど、色んな人がいないと、10代、20代の」

春日「うん」

若林「昔はギャルが最先端みたいな風潮があったけどね。今は違うんだろうね」

【関連記事】
オードリー・若林「芸能情報を知るオススメの方法」

オードリー・春日「南キャン・山里亮太は芸能界の"逆"御意見番だ」

オードリー・若林「タレントがツイッターをやるべき理由」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:有吉弘行をブチ切れさせた芸人「風藤松原・風藤」

前の記事:ナイナイ・岡村「クラブで瓶を投げつけられたが、懲りずにまた行く」

本日の注目記事