TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、東京オリンピックのチケットにおける転売対策が不十分だと指摘「これが何の転売対策になってるのか」

伊集院光、東京オリンピックのチケットにおける転売対策が不十分だと指摘「これが何の転売対策になってるのか」

2019.06.25 (Tue)
2019年6月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、東京オリンピックのチケットにおける転売対策が不十分だと指摘していた。



伊集院光:オリンピックの柔道のチケット当たった。それも結構、いい席で。どうせダメ元だと思って。大体さ、よくわかんないのがさ、みんなオリンピックのチケットの当たった、当たらないのインタビュー受けてる人ってさぁ、「ダメ元だと思っていっぱい応募して、当たらなくて良かった」みたいな。

「全部当たったらどうしようと思ってた」みたいな人、多くない?それでいいの?かくいう俺も、まぁ全部当たったらどうするってほどは頼まなかったけど、野球と柔道かなんか頼んだんだけど。

そもそも、野球の決勝とサッカーの決勝が同じ時間なわけ。同じ時間なのね。でいて、なかなか当たらなくて、当たる確率が低いって言われる以上、「どっちか当たればいいや」って思って、両方チェックするよね。そのスポーツ好きな人だったら。

もうその時点で間違ってない?なんか。両方当たっちゃったら、ダブついちゃう可能性があるわけで。ダブついちゃったら、転売される可能性が凄く高くなるわけじゃん。

あと、謎の「凄い転売防止をきちんとやりました」みたいなこと言うじゃん。オリンピックは、転売されないようにいろんなことやってますって言うじゃん。

で、チケットに名前を印刷する、みたいなことをやるのね。だから自分は、当たると行く予定の人を名前を入れるわけ。自分と、それから柔道好きな後輩芸人がいて、コイツらに凄い世話になってて。しかもこいつらと柔道を見ると、凄い細かい解説もしてもらえるからっていうんで、そいつらの名前を書くんだけど、これいくらでも変更できるのね。何回でも変更できるのね。

なんか今時のダフ屋やって当日、「券あるよ、券あるよ」って言う人だと思ってる(笑)だってさ、直前までそれ変えられるんだから。要するに、当日そこに書いてある名前と違う人が入ってくるのだけはある程度照会しようと思えば、照会できると思うけど、何とでもできるじゃん。

今時、別にネットで連絡取り合って、「じゃあ、お金くれたらその名前に変えます」みたいなことできるじゃん。これが、何の転売対策になってるのかみたいなことが、全然よくわからない。

関連記事


伊集院光、東京オリンピック観戦チケットの「転売対策」に疑問「何の対策にもなってない」

伊集院光、東京オリンピックの柔道観戦チケットが当選したと告白「僕、柔道当たりました」

有吉弘行、三四郎・相田周二が「東京五輪の陸上決勝チケット」が当選するも心配「カネ払えるのかね?家のトイレも汚ぇのに」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,東京オリンピック,転売,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、東京オリンピックはお金と時間に余裕がある「大きなイベントにいっちょ噛みしたいオバサン」が会場で観戦することになると予測

前の記事:伊集院光、UberEATSで人気のタピオカドリンクの店が実は「路地裏の汚ぇ、床ベッドベトの中華屋」だと明かす

本日の注目記事