TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、「闇営業」という言葉は反社会的なイメージがあり「やめて欲しい」と語る「契約違反だから、事務所との」

伊集院光、「闇営業」という言葉は反社会的なイメージがあり「やめて欲しい」と語る「契約違反だから、事務所との」

2019.06.25 (Tue)
2019年6月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「闇営業」という言葉は反社会的なイメージがあり「やめて欲しい」と語っていた。



伊集院光:自分はこの業界のいろんな、実際のところとして…闇営業って言葉、やめて欲しいんだよ。

闇営業って言葉が、闇の組織のイベントの感じするじゃん。別にそういうことじゃないから。事務所を通さないでイベントに出たりするっていう、ある意味、契約違反だから、事務所との。事務所との話。

で、実情としてそういうことは行われる、と。「事務所に内緒で忘年会の司会やってよ」みたいなことは行われている、と。

ただ、一つ面倒くせぇなって思うのは、俺、全然やったことないの。なぜかって言うと、イベントとか超面接くせぇから。あと、そういうのを教えてくれるような友達もいないから。あそこには社交性ってものが要るから。

大人同士、きちんとしたお付き合いをしてるところに、「こういう話があるんだけど、事務所に内緒でやってくれないか?」って、この前段階の社交性を持ち合わせてないから。

イベントも面倒くさいって思っちゃうタチだから、年間に、イベントと名のつくイベントは、日本ゲーム大賞の司会以外やってなくて、あれは内緒でやりづらい(笑)デカ過ぎて、あれは内緒でやることがないから、立場として面倒くさい。

どうやら、この業界に直の営業が溢れているってことは把握してるけど、俺自体はやってないって、結構ズルいっちゃズルい立場にいるから、まぁなんとも言えないんだけども。

関連記事


宮迫博之、「闇営業」でギャラは受け取ってないもののカラテカ入江に「後輩を何十人と集めた飲み会代」を払ってもらったと告白

伊集院光、宮迫博之らの半グレ組織「闇営業」問題は吉本興業側の論点がズレていたと指摘「お金もらってないことが真ん中に…」

爆笑問題・太田、宮迫博之の「闇営業」騒動について「カネもらったって、宮迫も素直に言えばいいじゃねぇか」と発言


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,宮迫博之,闇営業,吉本興業,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、吉本興業が「闇営業」問題で反社会的勢力との関与を問題視してカラテカ入江を解雇しているため事態の収束が困難となっていると指摘

前の記事:伊集院光、宮迫博之らの半グレ組織「闇営業」問題は吉本興業側の論点がズレていたと指摘「お金もらってないことが真ん中に…」

本日の注目記事