TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「『モテキ』大根仁監督に殴られる」

南キャン・山里「『モテキ』大根仁監督に殴られる」

2013.10.03 (Thu)
2013年10月02日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、『モテキ』の大根仁監督との交流について語っていた。

あまちゃん
あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1

山里亮太「私、あまちゃんが終わってしまって、ポッカリと心に穴が空いた状態なんですけどね。『あまちゃんロス状態』ですよ」

「それに関することなんですけど、先日、ツイッターで『モテキ』の大根仁監督が、あることをつぶやいてたんですよ。『今日夜、あまちゃんの重要人物と会う。今からドキドキする』みたいな」




「それを見て、大根監督にメールしたんですよ。『大根さん、ツイッター見ました…ひょっとしたらなんですけど、能年ちゃんに会うんですか?』って。映画監督じゃない?会うって言ったら、、キャストじゃない?ひょっとしたら次回作とか決まってて、会うんじゃないかって思って」

「そしたら、なんて返ってきたか…『会うよ。今日夜、能年と橋本愛と飯3人で食うんだけど、山ちゃん、来る?』って。潮騒のメモリーズと飯を食う…俺は最初『それはいくらなんでも…だから、どこで食べるか教えてください。それで、すれ違わせてください』って言ったら、『何を言ってんだよ山ちゃん。おいでよ、4人で飯を食おう』って」

「それで、今の時点でキーボードで、『キルユー』って書いてる人もいると思いますよ。でも、受け入れるよ。そんなこと聞いたら、そうでしょうよ。僕がみんなでも、ヤっちまいたいもん」

「夜10時に待ち合わせで。仕事も早く終わっちゃって。でも、もう潮騒のメモリーズと御飯食べることになってるから…もうおかしくなっちゃってさ。この感情をどう抑えようって思って、DDTの男色ディーノに電話して一緒に御飯食べて」

「大根監督にも『記者についてこられないで、誰にも言わないで』って言われてるから言えないし。でもウキウキしながら男色ディーノさんと飯を食ってるから、『やだこの子…私を狙ってるのかしら』って思ったらしいのよ(笑)」

「指定された場所に行ったら電話して。そしたら大根監督が『周り誰もついてきてない?』って。『大丈夫です。タクシーできました』って。普通のお蕎麦屋さんよ」

「個室が見当たらないなぁって。こんなところにあの2人がいたら、パニックになるだろうって思ってたんだけど。それで、席に通されて。そこには、男性5~6人がいて。座った瞬間に、僕に大根監督が指さして、『いるわけねぇだろ!バカ!』って(笑)」

「大根監督の隣にいる2人が、『どうも、能年玲奈です』『橋本愛です』って(笑)ふざけんなコノヤロウって。『悪い冗談ですよ、アンタ』って言ったら、その相手が生田斗真くんだったんですよ」

「横で笑ってる男の人がいて、『アンタも笑ってんじゃないよ』って言ったら、森山未來くんだったの。もう一人の『橋本愛です』って言った人は、あまちゃんの監督。井上監督だったんですよ」

「そこからは、夢の様な時間ですよ。あまちゃんの裏話とか全部教えてくれるから。『渡辺えりさんが、もう泳げないって弱音吐いたんだよ』とか。ロケ地の自慢の写真見せたら、ロケ地の写真も見せてくれて。酒を飲みながら」

「しばらくしたら、僕の隣に座った人がいて。それがキョンキョン(小泉今日子)よ。しかも、それが最終回の前日だからね。『へっ?』って。ビックリしちゃって」

「それがまた気さくな人で。『山ちゃん、何飲む?』なんて言ってくれて。もうスナックリアスですよ、雰囲気は。言いそうになったもんね、『ウーロン茶、ロックで』って」

「小泉今日子さんはね、能年玲奈ちゃんのことを『能年がね…』って言うのよ。それを俺が目をキラキラしながら見てたら、その表情を察して、必ず言い直してくれるの。『あぁ、ゴメンね。アキがね』って。スゴイでしょ」

「夢のような時間ですよ。生田斗真くんとも、『このシーンが好きだ』とか話してて。クイクイ飲んでたんですよ。それでパって目を開けたら…家ですよ。逆に、夢だったんじゃないかって(笑)」

「ここまでは、『たまむすび』でも話をさせていただきまして。今日、大根監督からメールがきまして。『おい、たまむすび聴いたぞ。ふざけるな。もっと影響力あるヤツだと思ってたよ。おい、得意のヤフトピどうした?』って(笑)」

「『パソコンを開いて、"山里亮太、じぇじぇじぇサギに遭う"これくらいの記事になってるかと思ったら、まぁ穏やかじゃないか』と。『しかも、俺の優しいウソみたいな、美談にしやがって。ふざけんじゃない』と(笑)」

「『最後の方、覚えてないのか?あの後、めちゃくちゃ酔っ払って、小泉今日子さんには絡むは、話してくれてる時に寝やがって…そのたびに殴ってやったんだよ』って。ぶん殴られてたらしいのよ。そのたびにハって起きて(笑)まぁまぁ、俺のことをぶん殴ってたみたいなのよ(笑)」

「それで、タクシーで僕を詰め込んで帰らせてくれたらしいのよ(笑)大根監督からすれば、『あの会は別に、お前に夢を見せたいわけじゃない。あの会は、どういう意味を持ってたかお前に教えてやる。調子に乗ったクズ芸人に罰をってテーマのヤツだ。それがなんだ、Yahoo!トピックスにも乗らず、何が楽しかっただ、大根監督ありがとうだ。そんなのいらねぇ。俺をヤフトピに載せろよ』って(笑)」

「Yahoo!トピックスの皆さん、私、皆さんに結構、協力している方だと思うんです。そこでですね、ぜひこのことを記事にしていただけませんか?何をって?僕、あの『モテキ』の監督に殴られてるんですよ?寝てるからって(笑)あと、じぇじぇじぇサギの方もよろしくお願いします(笑)」

「このままだと、私、あの人にデッカイ借りができてしまうんで。その借りを返すために、『恋の渦』って映画の宣伝をしたんですけどね、それは全然返したことになってないらしくて…このことをなんとか是非記事にお願いします」

【関連記事】
映画評論家・町山智浩「『あまちゃん』ラストシーンの意味」

今田耕司「あまちゃん・能年玲奈の裏の顔」

ナイナイ・岡村「三又又三の策略にまんまとハマってしまった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : あまちゃん,大根仁,モテキ,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:小島慶子×マキタスポーツ「子育てで揺れ動く親の気持ち」

前の記事:爆笑問題・田中「田原俊彦のライブにサプライズ登場」

本日の注目記事