TOP佐久間宣行のオールナイトニッポン0 ≫ 伊集院光、ラジオ番組のためにやりたくないことを自ら無理強いして「伊集院光に殺される」と思っていた過去を告白

伊集院光、ラジオ番組のためにやりたくないことを自ら無理強いして「伊集院光に殺される」と思っていた過去を告白

2019.06.20 (Thu)
2019年6月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ラジオ番組のためにやりたくないことを自ら無理強いして、「伊集院光に殺される」と思っていた過去を告白していた。



伊集院光:もっと若い頃は、もうなんか「辞めたい」とか。もっと言うと…真面目な話していい?

佐久間宣行:もちろん。

伊集院光:「伊集院光に殺される」と思った時期があって。

佐久間宣行:え?

伊集院光: ラジオでウケるために、やりたくないことをいっぱいやって、そこで起こったアクシデントを、俺はラジオのために、やりたくないことを…

佐久間宣行:はい。

伊集院光:僕、本名を篠岡健って言うんですけど。もともとは田中って言うんですけど。

佐久間宣行:はい。

伊集院光:田中としてはとてもやりたくないことを、ラジオのネタを作るために毎日やらなきゃならないってなった時に、「俺、このままじゃ殺される」っていう。「伊集院光に殺される」って思ったの。

佐久間宣行:ああ(笑)

伊集院光:でも、ある時、モードが急に変わって。

佐久間宣行:うん。

伊集院光:この間も山里君と話したんだけど、山里君がラジオのために旅行に行ってきた、みたいな話をすると、それはちょっと今、違うテンションでやってる、と。

佐久間宣行:うん。

伊集院光:もともと行きたい旅行を、照れもせずラジオのために行けるようになるという考え方になってから。

佐久間宣行:ああ!それはポジティブな。

伊集院光:急にスランプがなくなって。

佐久間宣行:うん。

伊集院光:結局、「本当はディズニーランド行きたいじゃん」って言うんだけど、「これじゃあ、どの道行ってるみっともなさをラジオで話せば、それはそれでみんな笑ってくれんじゃねぇの?」がセットになると、無敵ではないかということになり。

佐久間宣行:ああ、なるほど。

伊集院光:そこからは、完全な長いスランプみたいのは減ったかな。

佐久間宣行:全部がラジオのために捧げてると思ってる時期は、結構、息苦しくなってきたんですね。

伊集院光:「実は、これはラジオのおかげで出来てる」みたいなことがあったりとか。

関連記事


爆笑問題・太田、伊集院光は「ラジオに関しては志が高い」が故に「それがLFと揉めた原因」と発言

伊集院光、ラジオ番組へのネタ投稿の面白さは「パーソナリティが選ぶかどうかっていうゲーム」にあると語る

伊集院光、構成作家・渡辺雅史が『深夜の馬鹿力』降板を申し入れしたため後継者を探していると明かす「体力の限界が見えてきた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,ニッポン放送,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  佐久間宣行のオールナイトニッポン0
次の記事:伊集院光、TBSラジオで「局の廊下を原チャリで走る」等の無茶な企画ができた理由「テレビで左遷され、事なかれ主義な人が多かった」

前の記事:伊集院光、大手事務所にも所属せず無名なタレントだった自分が『ANN』2部パーソナリティに抜擢された理由を語る

本日の注目記事