TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン設楽、乃木坂46のメンバーへ贈った「自分の人生は、自分が主役じゃなきゃいけない」という言葉の意味を語る

バナナマン設楽、乃木坂46のメンバーへ贈った「自分の人生は、自分が主役じゃなきゃいけない」という言葉の意味を語る

2019.06.15 (Sat)
2019年6月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、乃木坂46のメンバーへ贈った「自分の人生は、自分が主役じゃなきゃいけない」という言葉の意味を語っていた。



リスナーメール:設楽さんの名言ですが、「自分の人生は、自分が主役じゃなきゃいけない」。

生きているのが苦しい時に、この言葉を思い出すと頑張れています。

設楽統:ああ、乃木坂で言ったやつだね。

日村勇紀:うん。「自分の人生は、自分が主役じゃなきゃいけない」。

設楽統:うん。

日村勇紀:めちゃめちゃいいよ、これ。

設楽統:そう、そう、だからこれは、グループって色んな人がいて。

日村勇紀:うん。

設楽統:センターとか目立つ人を、もり立てるような人が出てくるけども。

日村勇紀:けど。

設楽統:そういう役割とかも大事だし。

日村勇紀:うん。

設楽統:その時のタイミングではそこかも知れないけど、それを頑張るんだよっていうのもありながら。

日村勇紀:うん。

設楽統:でも、自分の人生が、自分の主役じゃない人生ではちょっとダメだよって意味で言った。

日村勇紀:言ったっていうね。

設楽統:自分自身への言葉でもあるしね。

日村勇紀:うん、うん。なるほど、なるほど。

設楽統:っていう感じで言ったんだけどもね。

日村勇紀:なるほど。

設楽統:これね。

日村勇紀:これが。

設楽統:うん。

日村勇紀:めちゃめちゃいいこと言ってんね。

設楽統:ふふ(笑)今のね(笑)

日村勇紀:なんかね。

関連記事


バナナマン設楽、乃木坂46のメンバーに外見だけの美しさだけでは芸能界で売れないと伝えたと明かす「やっぱハートが良くないと」

バナナマン設楽、乃木坂46ライブの楽屋挨拶で秋元康の挨拶に巻き込まれる「出るに出られず」

バナナマン設楽、乃木坂46が『YOUは何しに日本へ?』特番で「思った以上に頑張ってくれた」と語る「いっぱいやってくれて」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,乃木坂46,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:博多大吉、松本人志や今田耕司ら憧れの先輩との飲み会での会話はかなり飲んでも「不思議と、何も忘れてない」と語る

前の記事:霜降り明星・粗品、ミキ昴生の不倫をラジオ生放送中に暴露「浮気してんのかなぁって」

本日の注目記事