TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ 佐久間宣行P、山里亮太が南海キャンディーズのコンビ仲が悪かった時期にしずちゃんとの会話部分の台本を「カットしていた」と明かす

佐久間宣行P、山里亮太が南海キャンディーズのコンビ仲が悪かった時期にしずちゃんとの会話部分の台本を「カットしていた」と明かす

2019.06.06 (Thu)
2019年6月5日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行が、山里亮太が南海キャンディーズのコンビ仲が悪かった時期にしずちゃんとの会話部分の台本を「カットしていた」と明かしていた。



佐久間宣行:本当に仲悪い時期。これ、山ちゃんも喋ってたけど。しずちゃんの台本、削ってた時期もあったって、『しくじり先生』で言ってたように、それが『Melodix』でもあったんだって。

「あんまり会話が上手くいかないから、しずちゃんのここの部分、カットしてくれ」とかっていうのを、ディレクターと話すみたいのがあったのも知ってるから。

それがしずちゃんが紹介して、あの『フラガール』に出るのを食い止めようとしていた山ちゃんが…「食い止めてたら今の出会いないんですよ」って(若手ディレクターが)言いながら、泣きながら食ってたよ、メシ(笑)

それぐらい、テレビ東京の若手ディレクターとか、みんな南海キャンディーズが好きなのよ。だから、本当に喜んでるっていうのと、個人的に俺も、南海キャンディーズはずっとゴッドタン』も出てもらってたし、一時期、初期から中期ぐらいに支えてもらってたから、設楽塾とか、キス我慢とか。面白いと言われる回、結構南海キャンディーズの山ちゃんが絡んでたから、すげぇ嬉しいなっていうのと。

関連記事


山里亮太、南海キャンディーズで和解ができた理由は「相方・しずちゃんが圧倒的に大人だったから」であると語る

しずちゃん、山里亮太と蒼井優の結婚を泥酔しながらラジオ生出演して祝福「お前ら最高やん(笑)」

山里亮太、しずちゃんがコントで山里と近づくシーンに全てNGを出していたと明かす「南海キャンディーズは接触NGなんで」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,蒼井優,佐久間宣行,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:佐久間宣行P、山里亮太が既に売れっ子なのにスタッフの結婚式VTR用のニセ番組企画に「ノーギャラで」参加してくれたと明かす

前の記事:佐久間宣行P、山里亮太と蒼井優がしずちゃんのアシストで結婚したことに若手ディレクターが泣いていたと明かす「コンビ仲悪い時期も見てるから」

本日の注目記事