TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、「自分が幸せになる」ことで葛藤していた時にリスナーからの言葉で蒼井優との結婚を決意できたと涙ながらに告白

山里亮太、「自分が幸せになる」ことで葛藤していた時にリスナーからの言葉で蒼井優との結婚を決意できたと涙ながらに告白

2019.06.06 (Thu)
2019年6月5日放送の放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、「自分が幸せになる」ことで葛藤していた時にリスナーからの言葉で蒼井優との結婚を決意できたと告白していた。



山里亮太:本当、僕、実は結婚は凄く悩んでて。っていうのも、ラジオでずっとそんなことの逆の人生の話をしてて。それで、そういう人たちを妬んできてて。幸せになることが、あんまり良くないかなぁと思って。

なんか幸せになったら、リスナーの皆が俺のラジオ聴く意味なんかなくなって、楽しくなくなるかなぁと、ずっと思ってて…ごめんなさい。結婚することが、怖くて…

でも、ある時、リスナーが店開いたっつって。メシ食いに行って、そのリスナーに「いつかこういうところで、だれか好きな人できて連れてきて。でも、俺が幸せだったら、裏切られたとかってなるもんなぁ」って言ったら、そのリスナーが、「いや、ボス。僕らみんな、ボスが幸せになる時に、おめでとうって言う準備できています」って。

「僕ら別に、ボスの不幸だけでラジオ聴いてるわけじゃないんで、気にしないで好きな人が出来たら、自分ところに来て、メシ食ってください」っつって。で、他にもリスナーがこうやってメールを送ってくれて。

自分って多分、人に対しての恨み辛みとか、そういうのでしか笑いがとれないんじゃないかっていう恐怖みたいなのがあったけど、こうやってリスナーが今日とかこういう節目の時に、「そんなことない」と。

そんなことで俺たちはここについてきてんじゃないぞっていうことを言ってくれたおかげで、その声が聞こえて、好きな人ができたときに結婚しようという選択ができました。

本当に、皆さんのおかげで、色んな夢が叶っています。なので、これからも『不毛な議論』、こんな奴ですけれども、皆さんにいろんな思い、まだまだ怒りとかぶつけたいこともたくさんあるんで、ここでまた皆さんとまたこうやって会えることを楽しみに、頑張っていきたいと思います。

で、本当に僕と結婚してくれた蒼井優さんに感謝しながら、もっともっと精進しますので、皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

関連記事


山里亮太が蒼井優との結婚前に語っていた、オードリー若林の熱愛や春日の結婚の話題についての「結婚観」

山里亮太、しずちゃんが蒼井優との距離を徐々に近づけてくれたと感謝「一生懸命、近づけようとしてくれてて」

伊集院光、山里亮太が蒼井優と結婚したことで「モテないキャラ」が今後難しくなると懸念「難しいだろうね」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,蒼井優,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、蒼井優が両親と会った後に「あのご両親と家族になれることが本当に嬉しい」と涙を浮かべて言ってくれたと告白

前の記事:山里亮太、オードリー若林に蒼井優との結婚を事前に報告するも「ほぼ無感情だった」と明かす「あ、そうなんだ。じゃあ俺、バスケに戻るね」

本日の注目記事