TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、川崎殺傷事件で被害者と同じ小6の子供を持つ身として「居た堪れない気持ち」に「あの場にいて、助けること出来るだろうか…」

土田晃之、川崎殺傷事件で被害者と同じ小6の子供を持つ身として「居た堪れない気持ち」に「あの場にいて、助けること出来るだろうか…」

2019.06.03 (Mon)
2019年6月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、川崎殺傷事件で被害者と同じ小6の子供を持つ身として「居た堪れない気持ち」になったと告白していた。



土田晃之:本当にちょっとね…子供がいる身としては、しかも亡くなったお子さんが小学6年生で、ウチも小6の同じ年の子がいるんでね。そう考えると、まぁ怒ってましたけど。その後、犯行後に自殺っていうのもねぇ…

なんかこの怒りのやり場、どこに持ってっていいんだろうみたいな。この場合も、その話、番組なんかでもなるんですけど。話してたんですけど。いや、なんか…あそこに我が子がいたとして、もし自分があの現場にいても、多分、体動かないんじゃないかと思って。
なんか、10何秒とか、20秒くらいで起きている事件だから、「え?!」って多分思ってる内にだし。あんな刃渡り長い包丁2本持ってて、いや、助けること出来るだろうかと思って。

ならもうね、これで今もいろんな番組とかで、じゃあどうしたらこういうこと防げるんだってなるけど。だからっつって、じゃあ警備の人増やしたところで、包丁を持ってる人が殺意を持ってきたら、多分止めれないだろうし。

今はね、この事件があってからも、僕は歩いてね、帰ってるっていう話もしましたけど、ふと、もしここでそういう変な人が包丁とか持ってる大人が現れたらと思った時に、歩きながら帰ってて、パッて見ても、何もないのよ。武器みたいなものって。

唯一あるとしたら、放置自転車くらいで。それ持ち上げてぶん投げるぐらいで。いや、こんなのもう、何もならないなと思って。だからってじゃあ、こっち武器持って歩けっていうのもおかしな話でね。

極論になって、ピストル持って銃社会になるのもおかしな話だから。これも、今はこの犯人がどういう環境で育ったんだっつってことばっかり追っかけてるけど。だからって、その同じ環境で育ったからって、そうなるわけではないし。この人だって、だって51歳までは誰も殺してるわけじゃないし、多分、前科もないんでしょ?

何かのきっかけでこうなったんだろうけど。いや、居た堪れないよね。だって、亡くなってる方は、何も悪いことしてないんだからね。

関連記事


赤江珠緒、小学生らを狙った川崎・登戸殺傷事件の犯人を激しい怒りとともに「卑怯」と非難「罪も何もない、弱いところに…」

爆笑問題・太田、障害者施設殺傷事件の犯人「意思疎通できぬ人刺した」との主張に反論「大切なのは受け取る側の感受性」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 土田晃之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ
次の記事:明石家さんま、長嶋一茂が「恩人」だと感謝するも「一茂が元々、面白かっただけ」だと語る「芸能界、そんな甘くはないからね」

前の記事:オードリー若林、爆笑問題・太田がショッキングな事件などにも「正論ではなく感情に寄り添った意見」を語るところが好きだと告白

本日の注目記事