TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、小学生らを狙った川崎・登戸殺傷事件の犯人を激しい怒りとともに「卑怯」と非難「罪も何もない、弱いところに…」

赤江珠緒、小学生らを狙った川崎・登戸殺傷事件の犯人を激しい怒りとともに「卑怯」と非難「罪も何もない、弱いところに…」

2019.05.28 (Tue)
2019年5月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、小学生らを狙った川崎・登戸殺傷事件の犯人を激しい怒りとともに「卑怯」と非難していた。

赤江珠緒:午後一時になりました。いかがお過ごしでしょうか。こんにちは、赤江珠緒です。

山里亮太:火曜パートナー南海キャンディーズの山里亮太です。

赤江珠緒:山里さん、今日もね、『たまむすび』通常どおりやって参りますが、朝から本当に、もう本当に許せない事件があってね。

山里亮太:酷いね、あれは。本当に。

赤江珠緒:もう、心あるリスナーの方もね、朝からズンとした重い気持ちになってる方が多いかと思います。

山里亮太:はい。

赤江珠緒:神奈川県川崎市登戸駅近くで、小学生ら18人が男に次々と刺されたという事件でございまして。もうこれは本当に…卑怯じゃない?

山里亮太:そうだね。

赤江珠緒:罪も何もない、弱いところに行くっていうのは。

山里亮太:そして最後は逃げるわけでしょ。

赤江珠緒:そう。自分は自殺を図ってしまうっていう。もう本当に…

山里亮太:いやぁ、これは酷いよ。でも、ちょっとずつ情報も分かってきてるんでしょ?

赤江珠緒:そうですね。随時、また怪我の方もいらっしゃいますし、ニュースでもお伝えすることになると思います。

山里亮太:うん。

関連記事


伊集院光、相模原19人殺傷事件の犯人が悪意を育ててしまった背景に言及「自分の理屈に沿った情報を集めてしまう」

爆笑問題・太田、障害者施設殺傷事件の犯人「意思疎通できぬ人刺した」との主張に反論「大切なのは受け取る側の感受性」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,たまむすび,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、宮野真守は超人気声優となった今でも昔と「態度が変わらない」と語る「超ビッグになっているのに」

前の記事:伊集院光、ニッポン放送の生放送中にスタッフから激怒されて「CM中、涙止まらなかった」過去を告白

本日の注目記事