TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、父親に子供の頃から「惰眠を貪るな」と短時間睡眠の教育をされてきたと告白「お前が寝ている間に、色んな人が努力してる」

伊集院光、父親に子供の頃から「惰眠を貪るな」と短時間睡眠の教育をされてきたと告白「お前が寝ている間に、色んな人が努力してる」

2019.05.28 (Tue)
2019年5月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、父親に子供の頃から「惰眠を貪るな」と短時間睡眠の教育をされてきたと告白していた。



伊集院光:僕、本当寝ないんですよ。元々、寝なくて。子供の頃から、3~4時間寝れば、もうほぼフル充電という暮らしをしてきたんだけど。年齢いってくると、3~4時間しか寝ないんだけども、フル充電じゃないっていう。

ただの不眠症じゃん、そうなると。昔は、3~4時間しか寝なくても大丈夫で。逆に、6時間寝ちゃうと体調悪いっていう。寝すぎで体調悪くなっちゃってたの。

そもそも、それを紐解いていくと、ウチの親父が「寝てるやつはダメだ」っていう。「お前が寝ている間に、色んな人が努力してるから。惰眠を貪るな」っていう(笑)

小学校3年で「惰眠を貪るな」って言われてたら、それは寝なくもなるよね。で、子供の頃からほぼ洗脳で寝なくなってるんじゃん。それに体と若さが順応して、ショートスリーパーみたいな、言いたくないけどそういう状態がずっと続いてて。

でも、体力落ちてきちゃったりとか、多分太って気道とかが圧迫されて、アゴに肉がいっぱいついてきて、そうするとさ今度は洗脳は解けてないから、いっぱい寝ることに対しての罪悪感は凄いあるわけ。

だから、3~4時間で起きるのにも関わらず、体調が満点じゃないっていう。もう、欠陥だよね。

関連記事


おぎやはぎ矢作、重度の睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAPで治療中と告白「1時間に55回呼吸が止まってる」

伊集院光、睡眠時無呼吸症候群の検査である「ポリソムノグラフィ(PSG)検査」について実体験をもとに解説「寝ると、色々計測してくれて」

伊集院光、睡眠時無呼吸症候群で低酸素状態になっているのを「落ち武者の幽霊に首を絞められている状態」と表現


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,睡眠時無呼吸症候群,CPAP,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、兄との間で学生時代に繰り広げられていたエロ本を巡る攻防に思わぬ展開「兄貴が部屋を隔てる壁を糸鋸で切って…」

前の記事:伊集院光、睡眠時無呼吸症候群で低酸素状態になっているのを「落ち武者の幽霊に首を絞められている状態」と表現