TOPマツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国 ≫ マツコ・デラックス、視聴者の批判を恐れて番組やCMで過剰な注釈が打たれ過ぎていて「作品としてはぶち壊し」になっていると指摘

マツコ・デラックス、視聴者の批判を恐れて番組やCMで過剰な注釈が打たれ過ぎていて「作品としてはぶち壊し」になっていると指摘

2019.05.23 (Thu)
2019年5月22日放送のテレビ朝日系の番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水 23:15-24:15)にて、マツコ・デラックスが、視聴者の批判を恐れて番組やCMで過剰な注釈が打たれ過ぎていて「作品としてはぶち壊し」になっていると指摘していた。



マツコ・デラックス:テレビに関しては、出しすぎだと思うけどね、注釈。「※」だらけ。

有吉弘行:そうだね。

マツコ・デラックス:ね。

有吉弘行:犬が船に乗って旅してるのでもさ、「※演出です」って。

マツコ・デラックス:そう、そう(笑)

有吉弘行:分かるわ!

マツコ・デラックス:もうさ、あれって一応さ、クリエイターの人が作品として出してるわけじゃん。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:それにさ、あんなものを入れちゃったらぶち壊しなわけじゃん。ちょっと厳しすぎない?

有吉弘行:厳し過ぎると思うね。

久保田直子:今でこれだったら、今後、「これもダメ、あれもダメ」って。

マツコ・デラックス:なってくよ。

有吉弘行:でも、それが寂しいな、寂しいなって言ってるのも寂しいから、そうなるとどんどんファンタジーの世界になっていっていいなって思うね。厳しいことがゼロ。

マツコ・デラックス:みんな夢の中で生きてるのね。

有吉弘行:「あ、魔法使いのニオイがするね」とか(笑)

マツコ・デラックス:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:そんな世界になればいいと思うよ、頭悪い世界になればいいんだよ。

マツコ・デラックス:はっはっはっ(笑)いや、本当。みんなお花畑の中で生きてればね。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:表現もこねくり回してるから、逆に聞いてるとカチンとくる表現になってるんだよね。

有吉弘行:そう、そう。

マツコ・デラックス:ストレートに言えないから、わざと狙ってやったような表現にしかできないのよ。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:これは行き着く先は、大ファンタジーの世界になると思うよ。

有吉弘行:誰も傷つけない。

マツコ・デラックス:誰も傷つけないけど、なんかみんなイライラしてる、みたいな。全部釈然としないものになると思うよ。

有吉弘行:絶対そうだよ。

関連記事


爆笑問題・太田×山田五郎「テレビ業界の自主規制が厳しくなった3つの理由」

有吉弘行、芸人が自ら言動に自主規制すべきではないと主張「自分で自分の仕事の幅を狭めてる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : マツコ・デラックス,有吉弘行,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国
次の記事:佐久間宣行、漫画『映像研には手を出すな!』の湯浅政明監督によるアニメ化に歓喜「天才が天才の漫画をアニメ化」

前の記事:マツコ・デラックス、番組制作は視聴率と「放送する意義のある内容が大事であるという思い」との間で翻弄されると語る