TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、立川志らくは弟子に「全員破門」と言いつつも「腹の虫をおさめるような謝り方をする弟子を待ってる気がする」と指摘

伊集院光、立川志らくは弟子に「全員破門」と言いつつも「腹の虫をおさめるような謝り方をする弟子を待ってる気がする」と指摘

2019.05.22 (Wed)
2019年5月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、立川志らくは弟子に「全員破門」と言いつつも、「腹の虫をおさめるような謝り方をする弟子を待ってる気がする」と指摘していた。



伊集院光:好楽師匠が来た時も言ってましたけど。

安田美香:はい。

伊集院光:「破門だ」って言われて、許してもらうっていうこのやりとりは、後に必ずエピソードとしてみんな持つようになるわけ。

安田美香:ええ。

伊集院光:ある意味、財産っていう。

安田美香:なるほど。

伊集院光:志らく師匠にああ言われ後に、「このお弟子さんは辞めちゃったけど、このお弟子さんは残れました」っていう。

安田美香:ええ。

伊集院光:「何をやったから残れましたか?」っていうのは、恐らく、後に売れて『さんま御殿』に出た時には、もう絶対トークになってるっていう。

安田美香:ああ。

伊集院光:それで、志らく師匠のお弟子さんたちは、今がチャンス(笑)

安田美香:チャンスですね(笑)

伊集院光:「チャンス!」って、ガッツポーズをした奴は本当に破門だと思う(笑)

安田美香:はっはっはっ(笑)

伊集院光:志らく師匠の前で「よし、チャンスだ」って言った奴は片っ端から破門だと思うけども。

安田美香:はい(笑)

伊集院光:そんなだし、志らく師匠はそれを待ってる気がする。

安田美香:ああ。

伊集院光:若い頃に「破門」って言った頃の師匠の年をもう超えてるので、なんとなく分かるのは、志らく師匠はそれでも…志らく師匠の腹の虫をおさめるような謝り方をする弟子を待ってる気がする。

安田美香:ああ。

伊集院光:ただ、難しいのは結果、僕が落語を廃業してるという。

安田美香:ふふ(笑)

伊集院光:でも、この番組にも来てもらいましたけど、ウチの師匠とかはこんな落語を辞めちゃった男に対しても、一応、師匠でいてくれたりはするわけで。

安田美香:うん。

伊集院光:あと、なにかにつけて気にかけてくれたりするわけで。

安田美香:うん。

伊集院光:そんな。

安田美香:私も、少しだけお話を聞かせていただくだけでも、凄い絆が。普通の社会ではない絆があるんだなって。

伊集院光:そうなんだよね。

安田美香:うん。

伊集院光:あの時、もし「パワハラ」って言葉があったら、あの福岡空港で言ったかな?「それパワハラですからね」って。

安田美香:はっはっはっ(笑)

伊集院光:「遅刻とクビの問題ですから」って言ったかな(笑)

安田美香:ふふ(笑)

伊集院光:「それは契約条件が違います」って言ってないと思うんだよね、恐らくね。

安田美香:ええ。

伊集院光:まぁ、世の中色々変わってるので、何が正しいか分かりませんけどもね。

関連記事


伊集院光、立川志らくが弟子を「全員破門」とツイートしたことでパワハラと批判されていることに疑問「修行においてパワハラって…」

伊集院光、立川志らくが弟子に激怒して「全員破門」とツイートしたことに「ブラック企業と一緒」と批判する人へ反論「修行でパワハラって何?」

伊集院光、立川志らくの「全員破門」ツイートによる炎上に元落語家として言及「謝罪して許してもらう、このやりとりも含めて修行」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,立川志らく,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:博多大吉、バラエティ番組でオープニングVTRがなくなった理由を語る「新しいことをやってないと、数字が落ちる」

前の記事:伊集院光、落語家時代に師匠・三遊亭楽太郎から破門を言い渡された時の恐ろしい一言「これからは、落語ファンとしてよろしく」

本日の注目記事