TOPたまむすび ≫ 山里亮太、「桜が満開」とリスナー情報をもとに丸山公園に向かうも「咲いていなかった」と苦情を言っていながら「実はプラタナスを見ていた」と判明

山里亮太、「桜が満開」とリスナー情報をもとに丸山公園に向かうも「咲いていなかった」と苦情を言っていながら「実はプラタナスを見ていた」と判明

2019.05.14 (Tue)
2019年5月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、「桜が満開」とリスナー情報をもとに丸山公園に向かうも、咲いていなかったと苦情を言っていながら、「実はプラタナスを見ていた」と判明していた。



山里亮太:リスナーに教えてもらった、丸山公園に桜を見に行こうじゃないかって。

赤江珠緒:ええ。

山里亮太:札幌に戻りまして。電車で戻って。で、札幌から少し離れてるから、少し贅沢だけど、タクシーなんか乗らせてもらおうかなって思って。

赤江珠緒:うん、まぁあんまり土地勘もないんでね。

山里亮太:そう、そう。「丸山公園よろしいですか」って。「あ、丸山公園。はいはい」って。「何をしに?神社にお参りをしに?」「ああ、違います。花見です」って言ったら、その運転手さんが「へぇ、一つも咲いてないですよ」って(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:「今、花見の最盛期だって、ウチのリスナーが言ってるんですよ」って。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:「運転手さん、TBSと構える気かい?」と。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)本当だよね(笑)こっちは情報を持ってるんだっていう。

山里亮太:うん。で、リスナーが教えてくれたんだって言ったら、「咲いてないってレベルじゃない。枯れ木だ」と。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:枯れ枯れの木があったのよ。

赤江珠緒:咲く前?

山里亮太:緑すらなかったよ。

赤江珠緒:ってことは、咲いてもないか。

山里亮太:札幌はね、俺が見た日はね…

赤江珠緒:それ、桜の木かい?怪しいよね…山ちゃん、これ桜の木じゃないね。

山里亮太:え?なに?これ。

赤江珠緒:ちょっと見せてもらっていい?…これはね、桜の木ではないです。これね、プラタナスですね。

山里亮太:プラタナス?

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:ギリシャの英雄かなんかですか?

赤江珠緒:多分、後ろは間違いなくプラタナスだし、その手前、桜の木ではないです、山里さんが見てる木は。たしかに何の葉っぱもついてない大木ですね。

山里亮太:だって、係の人が「あっち、桜咲いてますよ」って指さした方に行ったんだよ。

赤江珠緒:凄い範囲もあるから。他になかったかい?

山里亮太:リスナーの皆さん…疑って申し訳ございませんでした。僕を殴ってください。

赤江珠緒:本当だよ(笑)

山里亮太:プラタナス、俺を殴れ。

赤江珠緒:いやいや(笑)走れメロスか(笑)

関連記事


バカリズム、オードリー若林がTV番組収録でも「リスナーが混乱してしまう」と自分を曲げないことに感心「すげぇな、リスナー愛」

岡村隆史、あき竹城がリスナーの落とした小銭を拾ってくれたことに感動「エエ人やなぁ」

伊集院光、笹団子を食べたことのないリスナーがとった行動に衝撃「ヤカンでお湯を沸かして…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,たまむすび,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、SNSで充実アピール・幸せアピールをしている人たちは「逆に、そういう人たちが一番満ち足りてない」と指摘

前の記事:山里亮太、加藤浩次の生まれ故郷である北海道・小樽の綺麗な街並みを見て「こんな素敵な街に、加藤浩次が生まれるわけない」と思ったと語る