TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里亮太「相方・しずちゃんにしてきたヒドイ行いの数々」

南キャン・山里亮太「相方・しずちゃんにしてきたヒドイ行いの数々」

2013.09.05 (Thu)
2013年09月04日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、山里亮太が、相方・しずちゃんにしてきたヒドイ行いの数々について語っていた。

南海キャンディーズ・しずちゃん ボクシングドキュメタリー
南海キャンディーズ・しずちゃん ボクシングドキュメタリー~ロンドンへの挑戦~(仮) [DVD]

山里亮太「俺らがコンビ組む前は、しずちゃんは『山崎二宮』っていう他のコンビを組んでて、東京に行く寸前だったのよ。それで、東京に行くっていうのを聞いて、『東京は今、芸人を必要としていない』ってウソを教えて、断念させて、解散させて組んでるっていうね」

「2004年はABC新人グランプリも獲りましてね。優秀新人賞。そこからM-1 2004年で南海キャンディーズはガラっと変わったっていうのもありましてね。2005年は、受賞ラッシュですよ」

「それは良いとしまして…この時期思うのは、2005年4月で日テレで『落下女』がスタートしましてね。その時に、何を思うかっていうと、この時、仲が悪かったなぁって思い出があるの」

「上方漫才大賞の優秀新人賞を獲ってる時は、ギスギスする兆しはあったけど、ネタが出来たら夜でも近くの公園でネタ合わせしてたのよ。でも、『落下女』がスタートしたくらいの時は、激烈に仲が悪かったね。2005年」

「お互いに一緒にコントやってる時、お互いがお互いを気に入らないっていって、演出の安島さんに『なんなんすか、あのコント』って言って。俺もコント分かってないのに。そしたら、おぎやはぎさんとかはみんな、『しずちゃんは使いやすい』って言ってた時期ですね(笑)」

「南海パラダイスって冠番組が始まったとき、俺らMCで……想定台本で、作家さんが『ここを山里が振って、しずちゃんがこうボケをする』想定で書かれてるんですよ。俺は本当に性格がクズだから…全部台本を頭に入れて、全部、その振るヤツ以外を振ったんですよ。『芸人だったら、急にきたヤツでボケてご覧なさいよ』って」

「でも、その前には、『台本読まずにスタジオ入るなんて無礼だよ』ってケンカしてんのよ。それで台本読んだと思ったら、違うボケを入れるっていう、一番イヤな時期ね(笑)」

「そこから、笑っていいとも!も決まりまして。笑っていいともは、俺が本番中に喋らなくなるって病気になりまして、結構、早めに卒業しましたね」

「2006年に映画『フラガール』が公開ですよ。地獄。この時期、山里は暗黒期ですね。初詣のたびに、向こうの失敗を祈っていたっていう時期ですね。初詣で、色んなお寺に行くたびに、『コケますように』ってずっと言っていた時期ですね」

「…この間も、しずちゃんは一回も俺の悪口を言ってなかったらしいね。ビックリするよ。これはブラマヨさんの番組(南キャン・山里「不仲だった南海キャンディーズ」)でも言ったんだけど、悪口言ってて欲しかったよね、せめて」

【関連記事】
南キャン・山里「不仲だった南海キャンディーズ」

南キャン・山里「南海キャンディーズ結成に隠された真実」

南キャン・山里が語る「山崎静代という相方」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,山崎静代,しずちゃん,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:破天荒過ぎる俳優・古田新太の生態

前の記事:小島慶子が教える「女子アナの落とし方」