TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、TBSラジオJUNK統括プロデューサー宮嵜守史が怒られてしまってストレスで「胃が痛い」と胃薬を飲んでいると明かす

おぎやはぎ矢作、TBSラジオJUNK統括プロデューサー宮嵜守史が怒られてしまってストレスで「胃が痛い」と胃薬を飲んでいると明かす

2019.05.10 (Fri)
2019年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、TBSラジオのJUNK統括プロデューサー宮嵜守史が怒られてしまって、ストレスで「胃が痛い」と胃薬を飲んでいると明かしていた。



小木博明:今日は、スタッフの方にね、ちょっと健康ラジオにふさわしくない人がいるんですよ。

矢作兼:たしかに、「胃が痛い、胃が痛い」って、凄い胃薬飲んでたもんなぁ。

小木博明:ああいうのやめて欲しいね、もうプロデューサーなのに。そんな「胃が痛い、胃が痛い」って。

矢作兼:ヒゲちゃんっていくつ?42か。

小木博明:42。

矢作兼:42って、結構な大人じゃん、オジさんじゃん。

小木博明:うん。

矢作兼:オジさんなのにね、怒られるんだって(笑)

小木博明:はっはっはっ(笑)「胃が痛い、胃が痛い」って、ずっと言ってたもんね。キリキリ、キリキリするんでしょ?怒られて。

矢作兼:まぁ、いわゆる中間管理職と言われる人たちの年代が、まさに40代、50代ぐらいになるのかな。

小木博明:うん。

矢作兼:ここは胃が痛い年代だよ。もっと偉くなるとね…どこまで行ったら怒られなくなるんだろうね?

小木博明:60ぐらい?それぐらいになると、もう下の者に任せる感じなのか。

矢作兼:もう怒られない。でも、この胃の痛さを経験するじゃん。だから多分、60代ぐらいの人たちって多分、本当に怒られるのがイヤだから、絶対に冒険しなくなるじゃん。

小木博明:そうだね。

関連記事


伊集院光、番組プロデューサーの子供が父親と全く異なる絵を描いていたことを明かす「空想のお父さんが…」

伊集院光、朝日新聞に取材されたプロデューサーが名前載らず落胆したと明かす「1時間取材受けたのに…」

山里亮太、番組プロデューサーに冗談を言ってマジ説教されてしまったと告白「驚くほど普通に怒られた(笑)」

バナナマン設楽、『ウォーキング・デッド』の話が噛み合わない番組スタッフが「『フィアーザ・ウォーキング・デッド』を観てた」と判明

伊集院光、『妖怪ウォッチ』ブーム中でグッズ入手にコネ使わない宮嵜Pに感心「子供のためボール紙で作る」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,宮嵜守史,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ矢作、『メガネびいき』と裏番組『岡村隆史のANN』の異例な電話中継は守りに入ったプロデューサーの下では起こり得なかったと語る

前の記事:岡村隆史、ダチョウ倶楽部の「どうぞどうぞ」は上島竜兵がバンジーで飛ぶことができずに偶発的に生まれたギャグだったと語る