TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、飯塚悟史を前に東京03のネタの面白さを力説「居たたまれない状況で、堪えきれない笑い」

赤江珠緒、飯塚悟史を前に東京03のネタの面白さを力説「居たたまれない状況で、堪えきれない笑い」

2019.05.09 (Thu)
2019年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、飯塚悟史を前に東京03のネタの面白さを力説していた。

東京03 FROLIC A HOLIC「何が格好いいのか、まだ分からない。」


赤江珠緒:東京03さんのねコントって、本当に「現実世界にはあるね」っていう設定から絶対始まるじゃないですか。

飯塚悟史:ああ、はいはい。そうですね。

赤江珠緒:サラリーマンだったり、学生生活だったり。その家庭の中の話とか。「うん、うん、うん」っていうところから始まって、そっから「うわっ!」っていう展開になっていって。

飯塚悟史:ふふ(笑)

赤江珠緒:その中でも私が特にね、「うわ、ここ凄い面白いな」と思ってるのが、怒りとかね、人が凄い怒られているときとか、テンパってるみたいな、あまり人に見せたくない状況で。

飯塚悟史:はい。

赤江珠緒:そこに私ももし立ち会ってたとしたら、相当居たたまれなくなったり、ハラハラする状況の中で、でもこらえきれない笑い、みたいな。

飯塚悟史:うん、うん。

赤江珠緒:なんか、そういうシチュエーションが多いじゃないですか。

飯塚悟史:そうですね、多いですね。

赤江珠緒:それがね、現実世界にも結構あるでしょ?

飯塚悟史:ああ、はいはい。

赤江珠緒:「ここ、笑っちゃいけない」っていう。

飯塚悟史:はい。

赤江珠緒:大人なのに、同期が凄い先輩に怒られてる、とか。

飯塚悟史:ありますね。

赤江珠緒: その時に、ちょっとした人のおかしみ、みたいなのが気になって、笑っちゃいけないんだけど、「今?」みたいな。

飯塚悟史:はい。

赤江珠緒:それ、その展開のボキャブラリーとか、バリエーションの多さが、凄いですね。

飯塚悟史:ああ、気持ちいいなぁ(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

飯塚悟史:今日来て良かったですね。

赤江珠緒:そうですか(笑)

飯塚悟史:うん、凄い褒めていただいて。

関連記事


バカリズム、東京03・飯塚悟志の服装がダサかったとイジってたら「歴代の彼女が選んでいたと知らされた」

東京03・豊本のあまりに壮絶な女性との過去

バナナマン設楽、東京03との20年来の関係性について語る「東京03活動休止の時にも一緒にライブを回った」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 東京03,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:飯塚悟史、東京03のネタ作りの役割分担について語る「僕と角ちゃんでネタを作って、豊本は清書する」

前の記事:清水ミチコ、木村拓哉の『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー』出演を「ものまねで登場」と表現した読売新聞を批判「これはないよ」