TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、哲学者・岸見一郎のマルクス・アウレリウス『自省録』の解説で「あらゆる哲学書の読み方が変わった」と語る

伊集院光、哲学者・岸見一郎のマルクス・アウレリウス『自省録』の解説で「あらゆる哲学書の読み方が変わった」と語る

2019.05.07 (Tue)
2019年5月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、哲学者・岸見一郎のマルクス・アウレリウス『自省録』の解説で「哲学書の読み方が変わった」と語っていた。

マルクス・アウレリウス『自省録』


伊集院光:マルクス・アウレリウス『自省録』。2000年前にマルクス・アウレリウスっていう人の書いた本なんだけどね。

俺、これをね、NHKの『100分de名著』っていう番組で取り上げて、一応、オンエアが終わったんで喋るんですけど。

『100分de名著』は、僕がもう無知な、もう全然読んでないところで、その偉い専門家の先生に、「この話はこういう話で、こういうふうに読むんだよ」って教わって。で、大体…まぁ自由なんだけど、収録全部終わったところで、初めて読む、読まないを決めて。

でも大抵、その解説の先生の言ってることが面白いから、ストーリーはわかっちゃっても読むことが多いの。相当読むんだけど。

今回、その解説に岸見一郎先生っていう、哲学者の先生がこの『自省録』を解説してくれたんだけど。解説とか、学校の先生とか、「こういうことなんだ」と思ったのが感心しちゃったのが、要は僕からしてみると、哲学書っていうのはお説教くさいんですよね。

「人間はこういうもんだ」「こう生きるべきだ」って言われたところで、「はい、そうですか」としか言いようがないですよ、と。色んな人が、あなたを惑わせるようなことを言ってくるかもしれないけど、あなたが真にやるべきことは、自分の心の中を振り返れば、必ずあるはずで。

「誰にも惑わされるべからず」みたいなことを言われても、「でしょうけど」っていうことじゃないですか。この本の中にも、「お前はいつまで明日やる、明日やるっつってんだよ」みたいな。

「そのうち死ぬからね、そんなこと言ってても」っていう。「明日やるじゃないんだ、今日よくなろうと思ってない奴が、よくなるわけないだろう、お前さぁ」って書いてくるわけ。

そんなのさ「でも…」ってなるじゃん。それは、今日やんなきゃならない原稿はあるけれども、パソコンを開くなり、FANZAに行っちゃうことが、むしろ俺に言わせれば人ですよ、と。マルクス、と。マルちゃんね(笑)マルクス・アウレリウス、って思うじゃないですか。

そうすると、「分かりました」って、あまりに正しいからパタンッと閉めて終わりじゃないですか。でも、この岸見先生が言ったことで結構、愕然としたのは、2000年前、このマルクス・アウレリウスっていう人がこの本を書いたきっかけっていうか、この本のあり方みたいなことを簡単に、それを簡単に説明してもらったら、なんかこの人、誰にも読まれたくなかったらしいの。

「自省録」って、自分を省みる、自分を反省する録だから、明日の自分に向けて書いてたらしいの。で、しかもその当時、庶民は分からない言葉で書いてて。この人は勉強したから、日本で書いてるのにわざわざ英語で書いてるようなもんで。ギリシャ語だったかなんかなの。

地元の人が読んでもわからないように、よっぽど学問やってる人じゃないとわかんない言葉で書いて、内緒の内緒にしてたやつを見っけて出版されちゃってるだけだから(笑)

この時点でこの人が「こうしろ」って言ってるのは、「お前は、本当にいつも明日やる、明日やるで今日やんねぇな」って。だから、アウレリウスもFANZA見ちゃってんの。FANZA見るたびに、それを書いて。「本来、俺がやるべきことはこうじゃないよね」っていう。多分、賢者タイムに入っちゃったんだと思うのね(笑)

本当は政治のことをやらなきゃいけないのに、「はぅ…」って(笑)『ママさんバレーのコーチを引き受けたら…』で、「うわぁ!」ってなっちゃったと思うの(笑)そんな新作をオススメされちゃったら、もう見るしかないよ、みたいな(笑)

で、事が終わって「うわぁ!国を治めなきゃ」ってなって(笑)「やべぇ、明日の俺にはこれ絶対書いておこう」って(笑)「お前は」って言ってたから(笑)「お前は、いつも明日やるって言うな」って書いてるものだって。

こんなことじゃないけど(笑)岸見一郎先生のその解説があるだけで、俺、ありとあらゆる哲学書の読み方がちょっと変わったっていうか。なんかそれをもっと…正しい話する?正しい話をするとね、人間の一生を長かったとか短かったとか、そういうことで測るのは間違ってるんだよ、みたいな。これは僕の大意ですけどね。間違ってんだよっていう。

「一生っていう単位においては、一だと、短かろうが長かろうが。それで成し遂げたこととか、なすべきことをなしてるんだったら、それは関係ないと思えよ、お前は、お前は!」みたいなやつ、すげぇ書いてんの。それは、2000年前だからさ、まだまだ本の状態になってないやつを誰かがみっけて、パピルス写したりとかしてるうちにバラバラになってるから、それは何月何日に、どういうタイミングで書いてるかわかんないんだって。しかも自分向けのメモだから、自分だけわかればいいから。

でも、その話を書いているこの人、その岸見先生の解説によると、自分の子供を何人も亡くしているらしいの。で、亡くすたびに「子供のうちに死んだっていうことでクヨクヨしてんじゃねぇよ」っていうのを書いているっていうのね。

FANZAのたとえと違って笑いづらいでしょ?(笑)だから俺はFANZAのたとえにしたんだよ(笑)だから、その歴史上の彼がやったことと照らし合わせていくと、基本的にこいつは「こうありたい、ありたい」って書いてただけで、だから何度も出てくることに関しては、何度も…何度もFANZAを(笑)

10円動画の課金が多いっていう(笑)「なんだ、この課金額」っていうことで。後で振り返って、カードから引き落とされてる額を見て、「これはさすがに俺、やりすぎだろ」って思って、「真の知識というものは、いかなる欲望にも惑わされるものではないはずだ」っていう(笑)

大切な欲はただ一つだけ、と。で、自分の奥底にある「よく生きる」ということに対する探究心のみだっていうのを、多分FANZAの引き落とし額を見ながら書いてたんだなっていう感じ。

でも、なんかそう見ると、偉い人の書いた、偉い人間に対してのものって、その人も…だって、その人が当たり前にできてたら、絶対気づかないはずだもんね。そんなの当たり前できてないからから、そんなことを言うわけでしょって思ったら、「凄くない?」と思って。

俺、その学校の先生みたいなものにずっと反って生きてきちゃったから。「こういうことなんだ、先生って」いう感じがしちゃって。めちゃめちゃこのマルクス・アウレリウス『自省録』で、ちょっと影響されて、『自省録』みたいなものを書いてみようかな、みたいな。明日の俺に対して。

基本的には、FANZAを見るなって説教だよ(笑)あと、基本的には一度、退会してみたらどうかっていう(笑)そうすると、原稿早まるんじゃねぇかみたいなことが書いてあるんだけど、後に誰も掘るんじゃねぇぞ、それっていう(笑)超恥ずかしいからさ(笑)

マルクス・アウレリウス『自省録』 2019年4月 (100分 de 名著)


関連記事


伊集院光、『ソラリス』をテーマにした『100分de名著』で島津アナたち共演者を「ドン引き」させた発言「ヤギのバケモンが…」

伊集院光、NHK島津有理子アナが医師を志した理由を明かす「番組『100分de名著』で『生きがいについて』を読んで」

伊集院光、NHK女性アナウンサーに心の暗部を覗かせてしまう「醜く生まれた気持ちが分かるか?」

伊集院光が語る「カフカ『変身』と不登校児の気持ち」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,マルクス・アウレリウス,自省録,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、NHKラジオと民放ラジオ101局を挙げた大型特番『#このラジオがヤバい』に「オファー来てねぇ」と不満をあらわ

前の記事:伊集院光、令和になった直後の渋谷スクランブル交差点や道頓堀川の生中継は「テレビ局の暗黙のフリ」ではないかと指摘