TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、タモリはフジの元号またぎ特番の司会であっても落ち着いていたと語る「タモさんは、どんなことがあっても落ち着いている」

伊集院光、タモリはフジの元号またぎ特番の司会であっても落ち着いていたと語る「タモさんは、どんなことがあっても落ち着いている」

2019.05.07 (Tue)
2019年5月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、フジテレビの元号またぎ特番『FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”令和につなぐテレビ』で、司会を務めたタモリについて、「タモさんは、どんなことがあっても落ち着いている」と語っていた。



伊集院光:年またぎならぬ、元号またぎの生放送、しかも長い、6時間ぐらいある生放送に、フジテレビのやつ(『FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”令和につなぐテレビ』)に出してもらったわけ。

司会がタモさんで、タモさんはどんなことがあっても落ち着いている、あのまんま。
あのまんまのタモさん。

で、こっちはちょっとドキドキしてるんだよね。特にその、番組自体がわりと皇室のことを凄い扱ってて。で、皇室は色んな思いのある人がいっぱいいるから、やっぱり俺らバラエティータレントは、変なこと言っちゃいけないと思うと、凄い緊張したりする中、始まるんだけど。

っていうように、そんなの終わってさ。カウントダウンやりますって。元号変わる時って、カウントダウンするものなのかどうかもよくわかんない。全然、何にも分かんない。で、こういう形で元号が変わったのって、おそらく200年とか前だと思う。

関連記事


岡村隆史、タモリがふかわりょうに『27時間テレビ』で言い放った一言に驚愕した過去「これは伝説よ」

ふかわりょう、タモリが「絡みづらい」の一言で芸人としての自分を「無から有にしてくれた」と感謝

爆笑問題・太田、タモリが「イジってください」という空気の若手芸人をスルーしたことに「タモリさんは、馴れ合いみたいなのを嫌う」



同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : タモリ,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、フジの元号またぎ特番で行われたカウントダウンで「ゼロと同時に、なんて言うのが正しいの?」と迷っていたことを告白

前の記事:土田晃之、上地雄輔の第二子が令和初日に誕生したと報告を受けて驚く「マジで?令和の初日に?」