TOPバナナマンのバナナムーン ≫ 関根勤「仕事は結果を出すことが最も大事」

関根勤「仕事は結果を出すことが最も大事」

2013.08.31 (Sat)
2013年08月30日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、関根勤がゲスト出演していた。そこで、結果を出すことの大切さについて語っていた。

バカポジティブ
バカポジティブ

「ネタ見せで、事務所の社員や作家からダメ出しをされ、その結果が明らかにつまらなくなっていた際、言うことを聞かなければライブに出られないという状況でどうするか?」という質問に、関根勤は以下のように語っていた。

日村「あるある、だね」

設楽「各事務所のネタ見せ事情は、割りと事務所の社員さんだったり、ちょっと頼んだ作家さんが来て、ネタ見せをやって、それで面白い人がライブに出られる、みたいな」

関根勤「うん」

設楽「そこで『こうしろ、ああしろ』って言われて。まぁ、それは当然のことなんですけど、自分が良いと思ったものが直される、と」

関根勤「うん」

日村「しかもつまらなくなってる、という」

関根勤「これはね、ズルいんだけど、『そうですかぁ~』ってものすごい頷いて、素直に聞いてるように見せて、『分かりました!』って直すじゃん」

日村「はい」

関根勤「ライブ出たときに、そのネタを途中で忘れたフリをして、自分のネタをやる」

日村「俺もそう思います。同じです」

関根勤「『どうしたの?』って言われたら、『すいません、テンパッて忘れちゃって…元々やってたネタを覚えてたんで』って言って。結果ウケれば良いんであって」

日村「ウケればこっちのもんですからね」

関根勤「ウケた時に、『直した部分が活きてるから』とか、みんな言うんだよ。汚いんだよ、みんな」

日村「はっはっはっ(笑)」

関根勤「半沢直樹の上司じゃないけど、『ウケたら、俺の手柄』みたいなことを言うんだよ」

日村「言うんですよ」

関根勤「俺も『ぎんざNOW』で、すげぇダッサイディレクターが、『こういう風にやれ』って言ったコントを、そのままやったのよ。きれいにトレースして。そしたら全然ウケなかったのよ」

日村「ふふ(笑)」

関根勤「そしたら呼び出されて、『なんで俺の教えた通りやらないんだよ?』って言われて。『ウケたら俺の手柄、ウケなかったらお前の責任』みたいな」

設楽「そういうことが起こってますよ。俺だったら、イライラしちゃって、言われた瞬間からネタ見せでキレちゃいますね」

日村「キレてたね。横に立ってて、キレてんなぁって分かる」

設楽「はっはっはっ(笑)」

関根勤「でもね、ムっとするっていう反抗心も必要だよ」

設楽「言うこと聞かないとライブ出れないですからね」

関根勤「ライブ出るのは大事。それで、忘れたフリして。ウケちゃえば、絶対に大丈夫だから」

設楽「結果を出すってことが、大事ですよ」

【関連記事】
ラビット関根→関根勤に変わったワケ

関根勤「不遇の環境でこそ、自分の力を信じろ」

関根勤「成功者のマネをするだけでは成功できない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 関根勤,バナナマン,設楽統,日村勇紀,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:バナナマン×関根勤「『芸人らしからぬ』とんねるずが現れた衝撃」

前の記事:ラビット関根→関根勤に変わったワケ