TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、高校の不登校時代に連休が嬉しかったのは「表出てても、職質されない」ことであったと語る

伊集院光、高校の不登校時代に連休が嬉しかったのは「表出てても、職質されない」ことであったと語る

2019.04.30 (Tue)
2019年4月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、高校の不登校時代に連休が嬉しかったのは、「表出てても、職質されない」ことであったと語っていた。



伊集院光:連休が嬉しかったのは、それこそ学校行かなくなってる頃に…ゴールデンウイークスタートぐらい、大体、学校行かなくなるんですよ。

で、シルバーウィーク、11月ぐらいとか、もう本当に登校拒否真っ只中だったりするわけですよ。そうすると、連休は表出てても、職質されないんですよ(笑)

学生だから、こっち。本当は学生だから、午前中、表をウロウロしてると必ず職質されるのが、「よかった、連休で」っていう(笑)

「今は俺、正当に休んでますから」みたいな。でも今、都内はさ、いろんな対策で猛烈検問やってるから、それもないのか。それも大変か。

関連記事


伊集院光、子供が不登校であることに悩む両親に「元・不登校児」の立場からアドバイス「親御さんにできることは…」

伊集院光、高校時代に不登校となり病んでいた頃の奇行を告白「荒川遊園地で、ヤギに自分の写真を食べさせていた」

伊集院光、元・不登校児の経験から「10連休を11連休にしてしまう」ことで学校に行けなくなってしまう可能性を指摘


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,不登校,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、構成作家・渡辺雅史のWikipedia情報がもはや「日本のUber Eats配達員」と記載されていると明かす

前の記事:伊集院光、元・不登校児の経験から「10連休を11連休にしてしまう」ことで学校に行けなくなってしまう可能性を指摘