TOP爆笑問題カーボーイ ≫ ぜんじろう、島田紳助と明石家さんまの比較で紳助に「さんまほどの腕がない」かのような発言をしてしまい謝罪

ぜんじろう、島田紳助と明石家さんまの比較で紳助に「さんまほどの腕がない」かのような発言をしてしまい謝罪

2019.04.24 (Wed)
2019年4月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・ぜんじろうが、島田紳助と明石家さんまの比較で紳助に「さんまほどの腕がない」かのような発言をしてしまい、謝罪していた。

爆笑問題のツーショット 2018 結成30周年記念Edition 爆笑問題が選ぶBest Selection


ぜんじろう:上岡(龍太郎)なんかは、寂しい目をする時あるのよ。

太田光:あ、そう?

ぜんじろう:あと、紳助さんも。「お前、ここ頼むで」って。

太田光:紳助さんは、俺には何もツッコんでくれなかった。俺はボケ倒すんだけど。

ぜんじろう:ちょっと出ていっていいかな?

太田光:何が?(笑)どういうこと、どういうこと?(笑)

田中裕二:自分からその話したのに(笑)

ぜんじろう:紳助さんは、フッと目をするから。

田中裕二:アイコンタクトでね。

ぜんじろう:僕は凄い可愛がってもらったタイプなんですよ、大阪で番組やってて。

太田光:そうなんだ。

ぜんじろう:上岡紳助の流れで。

太田光:『EXテレビ』だよね。

ぜんじろう:『EXテレビ』で。僕は紳助さんに…俺が『バッタモンクラブ』って出た時に、あの人、コソッと見にきはって。

太田光:ああ、そう。

ぜんじろう:凄かったのが…僕、ゲストっていうか、自腹で東京に来てましたよ。で、出んでええのに出て。終わったら紳助さんが来て、「今日、一番オモロかったんはぜんじろうや」って、吉本の上の社員に言って。

太田光:うん。

ぜんじろう:「君、なんで来てんの?」って言ったら、「払ったれよ」と。そういうような人で、そっから…

太田光:可愛がられて。

ぜんじろう:「ぜんじろう、面白い」って。「で、君、誰なん?」「上岡です」「上岡さんのところの弟子か」って。

太田光:へぇ。

ぜんじろう:で、関西でちょっと人気出た時も、あの人の方から『人間マンダラ』で、「若者に夢を売る番組なんですけど、我々はおっさんになってしまいました。若者の夢は売れません。できれば今人気のあるぜんじろうさんにやっていただきたいんです」って。

太田光:へぇ。

田中裕二:紳助さんが?

ぜんじろう:そう。で、僕はその番組出て、余計数字落ちたっていう(笑)

太田光:それはプレッシャーにもなるしね。

ぜんじろう:プレッシャーや。そんな実力まだない。で、切らず使ってもらったんで分かるんですけど、紳助さんタイプは、さんまさんとはまたやり方違うじゃないですか。

太田光:だから多分、紳助さんは俺のこと苦手だったと思う。俺はワーッとやっちゃうから、あの人のやりたい方向に行けなかったんだろうね。

ぜんじろう:っていうか、さんまさんぐらいの腕ないと無理なんちゃう?

太田光:だって、紳助さんだよ?(笑)

田中裕二:腕がないって話をしてるよ(笑)

太田光:何を言ってんの?(笑)

ぜんじろう:なんでそんなこと言ってんの?(笑)

太田光:何言ってんの?(笑)

田中裕二:紳助さんにも腕あるでしょうよ。

ぜんじろう:紳助さんのやり方じゃない方向の…

田中裕二:修正、無理だと思う(笑)

太田光:なに墓穴掘ってんだよ(笑)

田中裕二:お茶飲むなよ(笑)

太田光:ちゃんと釈明しとかないと、これまた炎上だぞ。

ぜんじろう:申し訳ございません(笑)

関連記事


明石家さんまが語る「親友・島田紳助の引退」

明石家さんま、島田紳助と一緒の営業で大失敗した若手時代「物凄いバカにされ、それがバネになった」

明石家さんま、島田紳助の芸能界引退に「世間は大して何も思ってない。俺だったらすぐに復帰する」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,ぜんじろう,島田紳助,明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、ぜんじろうと『カーボーイ』で語り合って和解「番組でまた共演できたらいいね」

前の記事:爆笑問題・太田、明石家さんま・タモリ・ビートたけしらは「俺が何をやったって面白くしてくれる」から共演が楽しいと語る