TOPアッパレやってまーす! ≫ ドランクドラゴン鈴木拓、ドラマの脚本は携帯電話の登場でドラマチックなすれ違いを描きづらくなったと語る「様変わりしちゃって」

ドランクドラゴン鈴木拓、ドラマの脚本は携帯電話の登場でドラマチックなすれ違いを描きづらくなったと語る「様変わりしちゃって」

2019.04.23 (Tue)
2019年4月22日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・よゐこの濱口優が、叙々苑弁当は中居正広の差し入れでもないと番組で食べられなくなったと語っていた。



鈴木拓:今は、ドラマとかがスマホとか携帯ができちゃったせいで、書けないんですって。すれ違うとか、そういうのがないから。

濱口優:なるほどな、連絡ついてまうもんな。

鈴木拓:連絡がついちゃうから、会いたかったすぐそれで…だから、恋愛のやつ、かけないんですって。

山本彩:だから、恋愛ものも進化してるってことじゃないですか?

鈴木拓:そう。スマホとか落としたっていう設定ですれ違わないとダメなんです。

山本彩:ああ。

濱口優:なるほどなぁ。

鈴木拓:それをなんとかしてなくさなきゃいけないっていうのを、もう作家さんたちは一生懸命考えるんですって。

濱口優:へぇ。

鈴木拓:だから、ドラマとかそういうの全部様変わりしちゃって。

濱口優:便利になりすぎたんや。

鈴木拓:はい。でも、やっぱりドラマチックなのは、「彼女のお父さんが出たらどうしよう」っつって(笑)

濱口優:はっはっはっ(笑)

鈴木拓:ダイアル式の電話の前で立つっていう。

山本彩:でも、それは今の若い子には共感を得られないから、響かないんじゃないですか?

鈴木拓:ああ。

山本彩:共感を得られないと。

関連記事


山本圭壱、『月曜から夜ふかし』で出演したドラマ『伝説の秋田犬 ハチ』最終回が放送されて驚く「LINEで知るっていう(笑)」

爆笑問題・太田、ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』のタイトルが批判を受けた山崎ケイに「逆中ピ連みたいにして闘った方がいい」

岡田斗司夫、恋愛ドラマが減った要因として若者の恋愛への関心の薄さを指摘「眼福ドラマがあれば良い」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 鈴木拓,ドランクドラゴン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:明石家さんま、「政治家になりませんか?」と一度も誘われたことはないと告白「一回もないねん」

前の記事:よゐこ濱口、叙々苑弁当は中居正広の差し入れでもないと番組で食べられなくなったと語る