TOPマツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国 ≫ 有吉弘行、「おしゃべりだけのプロデューサー」が実は番組での人間関係を円滑にするために重要だと語る「とんねるずさん周りでは、安西さん」

有吉弘行、「おしゃべりだけのプロデューサー」が実は番組での人間関係を円滑にするために重要だと語る「とんねるずさん周りでは、安西さん」

2019.04.18 (Thu)
2019年4月17日放送のテレビ朝日系の番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水 23:15-24:15)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、「おしゃべりだけのプロデューサー」が実は番組での人間関係を円滑にするために重要だと語っていた。



マツコ・デラックス:本当に甘えてる人もいるけど、(上司に甘えられて羨ましいという)その同僚って、本当に甘えてるだけなのかな?

有吉弘行:ああ。

マツコ・デラックス:上司の人の機嫌をよくしたりするっていうのは、部署全体にとってやらなきゃいけないことじゃない?(笑)

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:だとしたら、その人(投稿者)が不得手な、ちょっと持ち上げて「ワーッ」みたいなことができて羨ましいなって思ってる人も、それが好きでやってるかどうか分からないじゃない。

有吉弘行:そうだね。

マツコ・デラックス:雰囲気をよくするためにピエロになって、「部長~」とかやってる可能性もあるじゃない。

有吉弘行:番組でも、謎のプロデューサーいる時あるもんね。おしゃべりだけのプロデューサー。

マツコ・デラックス:いる、いる。

有吉弘行:あれってでも大事なんだよね。

マツコ・デラックス:大事だよ。

有吉弘行:円滑に回ってんだよ。

マツコ・デラックス:円滑にするためには。

有吉弘行:その人いないと、現場が「カチカチするな」っていうか。

マツコ・デラックス:ここで言うお菓子ちゃんかな。

有吉弘行:ここではお菓子だよね。

マツコ・デラックス:お菓子がね。

有吉弘行:とんねるずさん周りでは、安西(義裕)さんだよ。

マツコ・デラックス:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:ああ。

マツコ・デラックス:でも、本当に大事なのよ、そういうキャラってさ。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:ビーッとなった時、その人が偉い人に「まぁまぁ」って言うだけで、誰かが怒られずに済んだりとかさ。でも、どっちが得かっていうと、どっちなんだろう。甘えられる方が得は得なのかな。

有吉弘行:だと思うなぁ。

関連記事


博多大吉、『たまむすび』女性プロデューサーが「切なくなるほど」体調が悪そうだったと明かす「もう帰れば」

ドランク鈴木拓、SNSのコメントを番組プロデューサーなども気にしてしまっていると指摘「今は上のプロデューサーから…」

おぎやはぎ・矢作「ハワイで『みなさんのおかげでした。』安西Pとバカ騒ぎ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国
次の記事:有吉弘行、後輩芸人の中で気分によって「甘え上手」「甘え下手」な後輩を選んでいると告白「こっちも気分次第もある」

前の記事:有吉弘行、アンジャッシュ渡部がポン酢をバカにしたことに激怒「ポン酢の瓶で頭、ぶん殴ってやろうと思って」