TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、ぜんじろうとの「どちらが先輩」論争で芸歴よりも芸人同士としての関係性を重視したいと熱弁「芸歴は方便でしかない」

爆笑問題・太田、ぜんじろうとの「どちらが先輩」論争で芸歴よりも芸人同士としての関係性を重視したいと熱弁「芸歴は方便でしかない」

2019.04.17 (Wed)
2019年4月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、ぜんじろうとの「どちらが先輩」論争で芸歴よりも芸人同士としての関係性を重視したいと熱弁していた。

爆笑問題のツーショット 2018 結成30周年記念Edition 爆笑問題が選ぶBest Selection


太田光:まぁ、一つ俺の考え方で言うと、年が上だとか、芸歴が早いとかね…っていうことっていうのは、色々言われているけれども。

田中裕二:うん。

太田光:俺とぜんじろうとの関係は…俺のぜんじろうに対する態度っていうのは、当時から変わってないんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:で、それだけは言える。ただ、「兄さんって言った」とかなんとかっていうのはね、ぜんじろう側が「太田君の記憶違いだ」って言ってるから。

田中裕二:うん。

太田光:だったら、もうそれはもう証拠も何もないし。俺としても、そのイメージはあるけれども、俺も頭を打っちゃってるから、途中でね。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:そうするとさ、もう分かんない。で、お前はぼんやりわかんないだろ?

田中裕二:ふふ(笑)そうだね(笑)

太田光:「ここから先は、水掛け論だね」っていうこと言ったわけだよ。だから、水掛け論はもうやめて、その辺はもうチャラでいいじゃないか、と。これから関係作り上げようよ、みたいな話なんですよ、俺の気持ちとしては。

田中裕二:はい、はい。

太田光:先輩・後輩、どうのこうのじゃなくて。

田中裕二:うん。

太田光:で、俺は元々、その年齢とか芸歴とかっていうのは、言ってみりゃ、一般の社会人、会社に勤めている人たちが便利に使うためにやってる方便でしかないと思ってるわけ。

田中裕二:うん。

太田光:俺は、「芸人同士っていうのは、そこでオリジナルの関係を作るんのが俺たちじゃん」って思ってて。そういうのが面倒くさい人のためにあるもんだって言うか、それでやりゃいいんだよ、どっちが入社時期が、入社が何年ですとか。

田中裕二:うん。

太田光:でも、それでも重要な人とは、オリジナルの関係作るでしょ?

田中裕二:そうだね。

太田光:でも、タレントっていうのは、俺たち芸人っていうのはさ、人間関係の機微とかさ、そういうことでコミュニケーションするわけで。

田中裕二:まぁね。

太田光:そんなことにこだわってないんですよ、ハッキリ言って。

田中裕二:いや、そうね。

太田光:で、それは便利だからみんな使ってるんです、日本人は。

田中裕二:うん。

太田光:それ、使うのはいいんですよ。だけど、俺はそういうことは…たとえば同世代ですよ、もちろんも大先輩に対してはそんなの言わないけど、まぁ似たような時期に始めてね、マスコミに出たのも似たような時期だったら、別にそれはその時の会話の感じとか関係ができていくもので。

田中裕二:まぁね。

太田光:俺はそっちの方が大事だと思ってることがあって。

田中裕二:うん。

太田光:何年とか、どうのこうのって…

田中裕二:デビューが何年とかね。

太田光:どうでもいい。どうでもいいし、アイツつまんねぇしさ。

田中裕二:ほら!また舌の根も乾かぬうちに(笑)

太田光:僕のつぶやきです。

田中裕二:うるせぇよ(笑)

太田光:「(笑)」で、そういうことで(笑)はっはっはっ(笑)

関連記事


爆笑問題・太田、ぜんじろうとは異なる芸人における「先輩・後輩」の考え方についての持論を語る

爆笑問題・太田、ぜんじろうの「後輩の太田君に呼び捨てされてイラッとする」発言に激怒「てめぇ、いつから俺の先輩になったんだ!」

爆笑問題・太田、ぜんじろうが自分を「後輩芸人」扱いしたことに疑問「アイツ、俺にペコペコしてたからね」

ナイツ塙、ぜんじろうが爆笑問題・太田に対し「太田君の記憶違い」と発言していることに疑問「田中さんも同意してるんだから」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,ぜんじろう,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、タレントがツイッターなどSNSへ気軽に発言の場を求めることに苦言「俺たちは発言の場所の取り合いをしている」

前の記事:爆笑問題・太田、ぜんじろうとの因縁の発端となった『サンジャポ』での発言は「喧嘩を売るつもりはなかった」と弁解

本日の注目記事