TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、TBSラジオが「スペシャルウィークを廃止」したのは「結果、予算削減がしたいだけ」であると指摘

伊集院光、TBSラジオが「スペシャルウィークを廃止」したのは「結果、予算削減がしたいだけ」であると指摘

2019.04.16 (Tue)
2019年4月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、TBSラジオが「スペシャルウィークを廃止」したのは「結果、予算削減がしたいだけ」であると指摘していた。



伊集院光:ラジオ局とか、ただ金がねぇからやりくり困ってんのに、「スペシャルウィークはやめて、今後は…」みたいな(笑)

「ああ、はいはい、分かりました。その御託は分かりました、社長」みたいな、そういうところあるじゃないですか。結果、予算削減がしたいだけなのに、なんかその「新しいことをやりたいから」みたいな。

…これをね、ディレクターの金子が言うんですけども。僕は、「それは全く違う」って言ってやりましたよ。「お前の言ってることは、絶対間違ってる」って。メシ食いながら話ししようって。

で、やよい軒行っておかわりが不自由になって、「おかわり不自由になったんだなぁ」みたいなことを感じようかと思ったんですけどね(笑)

逆に言うと、今日よそさんスペシャルウィークだけど、ウチとかはもう何も気にしなくていいんだもんね。別に数字が低いからとか、聴取率が高いからとかでやめさせるとか、やめさせないじゃないもんね、今後はね。

だから、やめさせる理由なんていうのは、上層部に対して反抗的な番組やったかどうかぐらいでしょ(笑)じゃあ、もう即終わりじゃん、もう。2時を迎える前に終わりじゃん、それは(笑)

関連記事


『荒川強啓デイ・キャッチ!』が終了したことへの伊集院光・有吉弘行・神田松之丞らの反応まとめ

伊集院光、ラジオ局の上層部に歯向かって「良いことなんか何もない」と発言「局を追われるぞ」

伊集院光、TBSラジオが「全体でスペシャルウィークを盛り上げよう」という時も何もやらないことを貫き通してきたと語る

伊集院光が語る、スペシャルウィークに特別企画やゲストを呼ぶのをやめたワケ


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,TBSラジオ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、荒川強啓が『デイ・キャッチ』終了後すぐ文化放送へ出演したことに言及「ああ、辞めさせられたんだなぁ」

前の記事:伊集院光、やよい軒がお客からの「不公平」という意見でご飯おかわり自由を廃止して有料化のみを導入しようとしていることに疑問