TOP有吉弘行のSunday Night Dreamer ≫ 有吉弘行、中川家が2度目となる上方漫才大賞を受賞したことに称賛「もう口聞けないよな、本当はな」

有吉弘行、中川家が2度目となる上方漫才大賞を受賞したことに称賛「もう口聞けないよな、本当はな」

2019.04.14 (Sun)
2019年4月14日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、中川家が2度目となる上方漫才大賞を受賞したことについて称賛していた。



有吉弘行:中川家さんが、上方漫才大賞、二度目。

関太:二度目とかあるんですね。

有吉弘行:あんまり言わないんですけど、僕、中川家さん好きなんですよ。

酒井健太:おっ、あんま聞いたことないですね。

有吉弘行:おめでとうございます、ということでね。

酒井健太:はい。

有吉弘行:上方漫才大賞をとるのなんて、師匠だもんな、単純に。

酒井健太:そうですね。

有吉弘行:オール阪神・巨人師匠。大助・花子とかさ、そんなんだろ。

関太:はい。

有吉弘行:もう口聞けないよな、本当はな。

関太:そうですね(笑)大師匠という。

有吉弘行:もうそういう年なんだな。

関太:まぁ…そうなってきますね。

有吉弘行:もうみんなオジサン。大師匠。

関太:うん、そうですね。一部の方は。

有吉弘行:そうだな。上方漫才大賞なんてとったら、大師匠だろ。

酒井健太:そうですね。

有吉弘行:でも、イヤがるだろうな、中川家さんに言ったら。「もう大師匠ですね」って言ったら(笑)

関太:いや、まぁイヤがると思いますね(笑)

有吉弘行:不思議なもんだなぁ、年とるってのはな。

関太:はい。

関連記事


オリラジ中田、ビートたけしも「老舗」と認める中川家の漫才と自分との芸の違いについて語る「対極と言ってもいい」

博多大吉、中川家・礼二とM-1の審査員を一緒に務める必要はないと考える理由を語る「だって、同じものを見てきた」

オリラジ中田敦彦、中川家が語っていた「後輩は、先輩の褒め言葉だけ受け取って、ダメ出しは聞き入れない」とのトークに共感


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,中川家,上方漫才大賞,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer
次の記事:有吉弘行、現在テレビ・ラジオ・ネット番組を含めて「15本」のレギュラーを抱えていると告白「多すぎます」

前の記事:有吉弘行、電車内で酔っ払ってるわけでもなく「おいっ!」などと大声を出す人に疑問「あれ、何なの?」