TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、テレビなどで失敗を怖がっていた時に先輩からアドバイスされたことについて語る「前向きにコケるのはいい」

赤江珠緒、テレビなどで失敗を怖がっていた時に先輩からアドバイスされたことについて語る「前向きにコケるのはいい」

2019.04.05 (Fri)
2019年4月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、テレビなどで失敗を怖がっていた時に、先輩からアドバイスされたことについて語っていた。



赤江珠緒:本当にね、いい意味で学んだっていうか、教えてもらったABCの先輩は…テレビとかラジオとかで自分をさらけ出すのって、最初、凄い怖いじゃない?

外山惠理:うん、うん。

赤江珠緒:で、どうしていいか分からないって、失敗とかも怖がるじゃない。

外山惠理:うん。

赤江珠緒:でも、その時に、「前向きにコケるのはいい」って言ってもらいました。

外山惠理:へぇ。

赤江珠緒:「ただ、後ろ向きにコケたら、俺たちはフォローしないぞ」って言われて。

外山惠理:後ろ向きに?

赤江珠緒:だから、消極的に。番組ちゃんと参加しようとして空振ってやってる分には許す、と。

外山惠理:ああ、なるほど。

赤江珠緒:うん。だけど、自分がそこにちゃんと参加してない以上の失敗は許さない、みたいなことは言われましたね。

外山惠理:でも、赤江さんは大丈夫そうだもんね、なんでも。

赤江珠緒:でも、失態を…

外山惠理:平気でしょ、普通で(笑)

赤江珠緒:何が?(笑)

外山惠理:なんとなく(笑)

赤江珠緒:普通でいい?

外山惠理:うん、いつもどおりで。

赤江珠緒:本当に、数々の失敗をしましたよ(笑)

外山惠理:ただ、クスッて笑える失敗でしょ?

赤江珠緒:いやぁ…(笑)

関連記事


赤江珠緒、ABC朝日放送アナから『スーパーモーニング』に抜擢された経緯は「話すと各所に迷惑かかる」と告白

赤江珠緒、朝日放送の入社試験直後に面接官たちが「アイツを手放すなよ」と将来を期待されていたと明かす

赤江珠緒、ABC放送が宮根誠司らフリーで活躍できるアナウンサーを輩出する理由に言及「芸人さんとかに揉まれる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,朝日放送,たまむすび,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:有吉弘行、ノブコブ吉村が「仮想通貨で大儲け」との噂があるも実際は大損していたと明かす「難しいこと言いながら、頭掻いてた(笑)」

前の記事:赤江珠緒、新人アナ時代に宮根誠司から「赤江、眉毛は整えろよ」と注意されたと明かす「こんな男の人に言われるなんて」