TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、10年目を迎えたラジオ番組『不毛な議論』冒頭で放送事故「機材が使えなくなって…」

山里亮太、10年目を迎えたラジオ番組『不毛な議論』冒頭で放送事故「機材が使えなくなって…」

2019.04.04 (Thu)
2019年4月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、10年目を迎えた同番組冒頭で、機材トラブルにより中継が途切れるというハプニングがあった。



山里亮太:私は今、TBSにあるウルトラマン前の桜の木の前におります…

[6秒間ノイズが流れる]

小川浩之:えーっと今、若干音声が乱れているようですね。すみません、作家の小川です。間もなく、つながると思いますので、少々お待ちください。

えーっ、十年目にいきなりこんなトラブルを迎えて、少々びっくりしておりますが。今、回線のチェックをしているようなんですが…

間もなくつながると思いますので。なかなか10年目に、楽しいハプニングで。…今ですね、まさかの事態で、作家のセパさんがですね、中に入ってきてですね(笑)誰でしたっけ?

セパタクロウ:セパです!

小川浩之:ふふ(笑)セパさん、10年目を迎えて、いきなりこのような事態。なぜか作家2人が喋ってるっているというメモリアルなところで。

セパタクロウ:そうですね、まさかそうなるとは思わなかったですね(笑)

小川浩之:ねぇ(笑)今ね、山里さんが桜の中継をやって、そんなに上手にいかなかったので…今、つながったので、聞いてみますか。山里さん?

山里亮太:もしもし、どうも山里です。

小川浩之:山里さん、いきなりセパちゃんと僕、小川が喋ってる感じなんですけど。

山里亮太:そうですね、10年目にして。

小川浩之:メモリアルな感じなんですけど。

山里亮太:なぜかって言うと、今日はですね、先週、電話で中継することによって、「おい、聞き取りづらいじゃないか」ってクレームがたくさんきましたんで、今日、最新の機材を持って外に行ったら、その機材が使えなくなって、結果、また電話でやってるっていう(笑)

小川浩之:ふふ(笑)山里さん、そんなに音声、先週と変わってない…

山里亮太:なぜかって言うと、機材が使えなくて、電話で喋ってるからです。

セパタクロウ:パンティ咥えてるわけじゃないんですか?

山里亮太:パンティは咥えてないですよ。先週ね、音声がこもってて、「パンティ咥えながらやってるんじゃねぇか」って言われて。今日は綺麗な機材で「こういうふうにクリアに聞こえるんだよ」ってやる予定だったんですよ。

セパタクロウ:はい。

山里亮太:それがもう一回、電話でやることによって、またパンティを咥えてるみたいになっちゃってるんです、今。

関連記事


山里亮太、『スッキリ』天の声の機材トラブルを山寺宏一が優しく心配くれたと明かす「ずっと心配して観てました」

チュート福田、『歌ネタ王決定戦』での窮地を救ったオール阪神に感服「後輩が困ってるとすぐに分かって」

千原ジュニア、コントライブでモニター画面が割れるというトラブルに「今からこれ、どうすんねん」とパニックになったと明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,不毛な議論,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、母校・関西大学で過酷な「北斗寮」での暮らしの話を新入生にしてドン引きさせてしまったと告白

前の記事:博多大吉、吹き替え声優を務める小山力也の「ジャック・バウアーはただのパニクってるおじさん」発言にツッコミ「なんちゅう言い方(笑)」