TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、「一学年下」で入学するため誕生日を親が変更したことに「昭和のやり口ですよ」

カンニング竹山、「一学年下」で入学するため誕生日を親が変更したことに「昭和のやり口ですよ」

2019.04.02 (Tue)
2019年4月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、「一学年下」で入学するため誕生日を親が変更したことに、「昭和のやり口ですよ」と語っていた。



赤江珠緒:竹山さんが、お誕生日。おめでとうございます。

カンニング竹山:また、今年も訳の分からないシーズンが来て。

赤江珠緒:ええ。

カンニング竹山:誕生日は3月って…何度も言ってますけど、3月30日に本当に生まれたんだけど。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:明日の4月2日が公式ですから。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:オフィシャルは公式、4月2日になってますから。

赤江珠緒:そうなんですってね(笑)

カンニング竹山:誕生日ウィークみたいなのがやってきますし。

赤江珠緒:それこそ竹山さんのは、昭和の時代ならではですよね(笑)

カンニング竹山:そうなんだよね。

赤江珠緒:学年を一つ下に。

カンニング竹山:ごまかすわけだから。あとから入園、入学するために、ぐちゃぐちゃってしたのよ。グレーゾーンよ(笑)

赤江珠緒:うやむやにしたっていう(笑)

カンニング竹山:うやむやにするっていう。昭和のね。昭和のやり口ですよ。

赤江珠緒:今はないでしょう、そういうこと。

カンニング竹山:ダメだよ。今、そういうことやったら。元々が犯罪ですし…元々が、文書偽造になっちゃうし。

赤江珠緒:へぇ。

カンニング竹山:今なんか、インターネットあたりでね、「インチキしてる」みたいになるじゃん。

赤江珠緒:ふふ(笑)

カンニング竹山:でも、意外といるのよ。

赤江珠緒:あ、そうですってね。

カンニング竹山:今年もツイッターとかでね、「私もそうです」「僕もそうです」って、僕と同じ年代ぐらいの人が意外といた。

赤江珠緒:私の年代にもそういう人結構いましたもんね。一年ぐらい差があるよりは、もう一学年ゆっくり行かせたいとかね。

カンニング竹山:そうなんですよね。結果としてはそれでよかったんだけどね。今があるから。一学年上に行ってたら、今はないかもしれないから。結果としてはこのままでいいんですけど、ただややこしいっていう(笑)

関連記事


カンニング竹山、3月30日生まれにも関わらず「グレーゾーンな方法」で戸籍上は4月2日生まれとなっていると告白「親がズラしたわけですよね」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:伊集院光、神田松之丞は「令和 初の真打ち」となるのかと発言「松之丞君との間は、誰かいるのかね?」

前の記事:よゐこ有野、山本彩の筋肉好きトークは「爽やか」であると語る「聞けば聞くほどオモロいねんな(笑)」