TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、萩原健一に新幹線で挨拶するも無視されて困ってしまった過去を告白「どうしようかなって思って」

明石家さんま、萩原健一に新幹線で挨拶するも無視されて困ってしまった過去を告白「どうしようかなって思って」

2019.03.31 (Sun)
2019年3月30日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、萩原健一に新幹線で挨拶するも無視されて困ってしまった過去を告白していた。



明石家さんま:学校ではテンプターズ派、ショーケン派って分かれて、「ショーケンのほうがいいわよ」「ジュリーの方がいいわよ」っていうのがあって。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:その後、御三家っていうのが、郷ひろみさんと、西城秀樹さんと、野口五郎さんの時代の前に、フォーク世代っていうのがあるんですけど。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:それがショージがハマッた吉田拓郎さんとか。

村上ショージ:吉田拓郎さんとか、井上陽水さんとか、泉谷しげるさんとか。

飯窪春菜:はい。

村上ショージ:岡林さんとか、たくさんいてましたね。

明石家さんま:だからショーケンさんに憧れて、「会いたい、会いたい」って思ってたら、偶然、僕は新幹線の一階に、昔、レストランがあって。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:芸能人の方も時間あるとそこに来て、コーヒー飲んだり。俺たちは大体、そこで夕飯を済まして電車に乗るっていうことをしてたんですけど。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:僕がいて、マネージャーたちがいて、共演者もいたのかな。で、ショーケンさんが入ってきはったんですよ。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:で、俺は直立不動で立って、「おはようございます!」って言ったら、なんの返事もしてもらえなく。「あ、しもた。俺のこと知らんのかな」とか、「機嫌が悪いのかな」って思ったら、偶然、僕の隣のテーブルに座らはったんですよ。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:で、もういっぺん、「おはようございます」って会釈したらまだ返事もしてもらえず。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:で、どうしようかなって思って。一応、挨拶したし、失礼はなかったと思ったら、ジーッと正面向いたまま「何か光るものがあると思ったら、さんまさんですか」って言うて(笑)

飯窪春菜:へぇ、ビックリ(笑)

明石家さんま:「何か輝くものがあると思ったら、さんまさんですか」って。「どうも、明石家さんまと申します!」って挨拶を(笑)

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:「ごめんなさい、ずーっと僕、耳鳴りがしてて」って。いや、耳鳴りしてても見えるはずやなって思いつつも(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:それからちょこちょこね、お会いさせていただいたりして。

関連記事


明石家さんま、萩原健一のザ・テンプターズ時代でのライブで「噴水に飛び込む」パフォーマンスに「ハートをキャッチされた」と告白

宮迫博之、『行列』で東野幸治が萩原健一に無視されて「汗だくになっていた」と明かす「東野さんの質問を完全に無視して」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,萩原健一,ショーケン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、萩原健一に『さんまのまんま』で「股間を10分ぐらい触られた」と告白「さんまちゃん、これがいけないんだよ」

前の記事:明石家さんま、萩原健一のザ・テンプターズ時代でのライブで「噴水に飛び込む」パフォーマンスに「ハートをキャッチされた」と告白