TOP伊集院光とらじおと ≫ 萩原健一、若い頃の自分へのアドバイスとして「海外から日本を見る」ことを勧める「また違う考えが生まれる」

萩原健一、若い頃の自分へのアドバイスとして「海外から日本を見る」ことを勧める「また違う考えが生まれる」

2019.03.29 (Fri)
2018年4月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、俳優・歌手の萩原健一がゲスト出演し、若い頃の自分へのアドバイスとして「海外から日本を見る」ことを勧めていた。



伊集院光:今の年齢になって、若い頃の自分に会ったら、「これ言ってやりたい」ってことあります?アドバイスでもいいです。

萩原健一:とりあえず、家に籠もらないで外に出て。今、海外は遠くないですから、ニューヨークでもどこでもね。

伊集院光:なるほど。

萩原健一:私の年齢になりますと、時差がちょっときついですよね。

伊集院光:なるほど(笑)

萩原健一:だから、下の方に行きますけどね。

伊集院光:はい。

萩原健一:まず、外から日本を見るっていう。

伊集院光:へぇ。

萩原健一:要するに、日本のメディアであり、日本の文化だけでなくね、大変美しいものも、立派なものもあります。もう頭が上がらない、美しいものいっぱいあります、日本には。

伊集院光:うん。

萩原健一:だけど、それを外から見るのもまた違う考えが生まれると思いますよ。

伊集院光:若い頃、そして今の若い人たちにもそれですね。

萩原健一:そうですね。

伊集院光:「外出て、見てこいよ」って。

萩原健一:はい。

伊集院光:そうすると、今あるいいものも分かるし。

萩原健一:そう。で、海外のものばっかり関心するんじゃなくてね、海外から日本を見てごらん、と。いろんな要するに、曖昧なものでありね。外はYESかNOしかないですから。

伊集院光:いや、時間いっぱい、本当に僕らの目をまっすぐ見て喋っていただいて。

萩原健一:いえいえ(笑)

伊集院光:やっと最後にきて、「見返して喋る」ができるようになったんですけど。本当にドキドキしました。

関連記事


宮迫博之、『行列』で東野幸治が萩原健一に無視されて「汗だくになっていた」と明かす「東野さんの質問を完全に無視して」

宮迫博之、堺正章が萩原健一に「沢田研二ドタキャン騒動」の話を振ったことで冷や汗「背中びっちゃびちゃ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,萩原健一,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:ハライチ澤部、銭湯に多くいたジョギング帰りのランナーたちの文句を言っていたら「ジョギング番組の制作スタッフ」がいて手のひら返し「ジョギング、好きなんですよ!」

前の記事:おぎやはぎ矢作、テレビ業界は「自分たちが最先端」という思い込みから脱却できずパワハラ・セクハラの横行を改められないと指摘