TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ 岡村隆史、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の衣裳デザイナーは黒澤明監督の娘・黒澤和子だと明かす

岡村隆史、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の衣裳デザイナーは黒澤明監督の娘・黒澤和子だと明かす

2019.03.29 (Fri)
2019年3月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の衣裳デザイナーは黒澤明監督の娘・黒澤和子だと明かしていた。



リスナーメール:岡村さん、大河の衣装さんって、黒澤明監督の娘さんですよね?

岡村隆史:そうなんですよ。だから、他にもいっぱい仕事してはりますから、ちょっと遅れてきはったんですけど、パッて見て、ニコッと笑って、「もうちょっと可愛くしますね」って言ってくれてはりましたから。

だから、凄い可愛くなるか、もっと薄くなるか…ですよね。聞くところによると、ロケが多いってことも聞いてますし。どうなっていくかちょっと分からないですけども。

今日、ほぼほぼ決定稿に近い台本が一気にババッときましてですね。最初に、台本4冊くらい来たんですよ。最初の顔合わせの時に、田中はんが「台本はもう見られましたか?」って言われたけど、バッて「まだ本人に渡してないんですよ」って。

で、NHKのスタッフさんが「なんでや?」みたいな顔してな。そこでバッて「今、ちょうど映画も終わって、駐在さんの舞台もありますんで、ちょっと色々と覚えることがたくさんありまして、まだ渡してないんです」「ああ、そうですか」みたいな。あれ、ギリギリセーフやったな。

その後、駐在さんの舞台終わってから、4冊いただいたんですけれども。これがまだ決定稿じゃなかったものですから、大体、読んで。で、今日やね、しっかりいただいて。「これがほぼほぼ決定稿になります」っていうのを、4冊もらいました。

関連記事


岡村隆史、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で身につける農民役の衣装の第一印象は「まさかな」「ボロ布2枚」だったと明かす

岡村隆史、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の衣装合わせで監督に言われた一言を明かす「コントに見えたらダメ」

岡村隆史、生田斗真から大河ドラマ『麒麟がくる』出演決定で「大河出るのか?大丈夫?やれるか?」と連絡があったと明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 岡村隆史,麒麟がくる,NHK大河ドラマ,黒澤和子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:岡村隆史、明石家さんまから『駐在さん』で叱られてしまった発言について言及「僕は気をつかったと言いますか…」

前の記事:岡村隆史、宮本慎也に草野球で怒られたと話してそのことが本人の耳に入って抗議を受ける「こっちに被害があって」