TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、斉藤由貴をラジオ番組のゲストに迎えて不倫騒動の話題を振った時の心の中の葛藤を語る「ドキドキなわけ」

伊集院光、斉藤由貴をラジオ番組のゲストに迎えて不倫騒動の話題を振った時の心の中の葛藤を語る「ドキドキなわけ」

2019.03.26 (Tue)
2019年3月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、斉藤由貴をラジオ番組のゲストに迎えて不倫騒動の話題を振った時の心の中の葛藤を語っていた。



伊集院光:僕の中でも、「正味の話をするところ」として話しますけど。やっぱり朝の番組、生放送でゲストに来てもらって、「あのゲストが来たからには、これ訊くんでしょうね?」っていうことと、「いや、それはでもちょっと訊けませんよ、そのゲストの立場上」っていうことは当然あんだけど。

この中で、「全部訊かない」っていうわけにはいかないから、たとえば斉藤由貴さんが来た時に…(笑)先週、斉藤由貴さんも来たんですよ。で、斉藤由貴さんとしたい話は、俺は山ほどあって。別に、世間の人は「あの話訊くの?訊くの?」っていうことに関しては、それほど興味が…もうだから、パンツかぶった話(笑)

パンツかぶった、かぶんねぇ。俺はとってもかぶりてぇ…この話が(笑)パンツかぶった、かぶらない、俺はとってもかぶりたい、それでは聴いてもらいましょう、『一人汁』です(笑)

俺の脳tunesで売ってるやつだから、皆さんフルで聴くことは一生できないし、あと、フルっていう意味で言うと、終わりませんし、これは(笑)僕が生きてる限りは(笑)今喋ってるやつは、『一人汁』のセリフ部分ですから(笑)

…で、その斉藤由貴さんが来てる時に、別にパンツをかぶった云々の話とかは、別に凄い俺がマストで訊きたいことじゃなくて、俺は30年前に斉藤由貴さんが出した本のこと、あとラジオのことが凄い喋りたいわけ。もっと言えば、一緒にドラマやったりとかしてるから、そのことを訊きたいんだけど、「全く訊かない腰抜け者なのか」みたいな声も、勝手に聞こえてきちゃうわけ、俺の頭の中には。俺の頭の中のシルバニアファミリーが(笑)

…生放送の中で、最終的にどこかの流れで訊く、訊かない。もしくは本人のイヤがることを訊くことが本意ではないし、俺はそれをぶっこんだ、みたいなことは朝の番組をやってる自分は、あんまりそこに勲章を感じないし、ってなっている中で、最終的に、でも色んなことを話した上で、「そういう斉藤由貴さん、色んなことをやらかしちゃったりそれじゃないですか」っていうことは、もう既にそれは訊いていることなんですけどね。

で、その「やらかしちゃったりしてることじゃないですか」って訊くときは、ドキドキなわけ。「これを、どういうふうに斉藤由貴さんは生放送で、突然何の前触れもなく処理するんだろうか?」っていう。

でいて、自分はその言ったことに何を返すんだろうかっていうのは、自分でもわからないけど、まぁでも自分が訊ける加減と、このまま放送が続けられる加減の、しかも自分の脳内の、自分に期待してくれてる、何かを期待してくれてる人も裏切らない答えは、突然言う、その斉藤由貴さんも「色々やらかしちゃうじゃないですか」っていう質問なわけ。

その質問に対して、斉藤由貴さんがワントーン落として、「うーん、私は人間として大事な何かが欠けているという自覚はある」って言うのね。もう、それが俺はドキドキするし、僕はじゃあその先に、「『一人汁』まで歌わないだ?」っていう人がいても、歌わないよ(笑)歌っちゃダメだし。

関連記事


伊集院光、斉藤由貴のラジオ生出演で不倫問題に踏み込んだやりとりを行ったと明かす「テレビ番組収録なら全カット」

伊集院光、斉藤由貴の不倫相手がパンツをかぶっていたことに言及「ブラジャーの方が許されるような気がするね」

伊集院光、ドラマで相撲取りのエキストラ役で出演して斉藤由貴と共演したと告白「裸見られてるんです」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,斉藤由貴,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、インスタ写真に「メインではない部分」についてコメントする人のせいで「もう二度と写真上げねぇ」と思うと告白

前の記事:伊集院光、はいだしょうこの面白さは「とんでもなさと、人を傷つけない正しい性根みたいなところのバランス」であると語る