TOP中田敦彦のオールナイトニッポン ≫ オリラジ中田敦彦、『爆笑問題カーボーイ』に送ったメールが読まれた時の興奮を語る「嬉しくて、震えて」

オリラジ中田敦彦、『爆笑問題カーボーイ』に送ったメールが読まれた時の興奮を語る「嬉しくて、震えて」

2019.03.20 (Wed)
2019年3月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、TBSラジオ系の番組『爆笑問題カーボーイ』に、学生時代に送ったメールが読まれた時の興奮を語っていた。



中田敦彦:俺もね、ラジオリスナーだったんですよ。爆笑問題さんのラジオとか、ナイナイさんのラジオを聴いて育ってて。

俺、メール送って読まれたことあるんですよ。それがもう嬉しくて、震えて。これもう、最高だなって。

単純に何かが採用されたとか、懸賞に当たったとかじゃなくて、なんだろうな…その孤独のメディアと繋がったっていう経験が、とてつもない救済になったんですよね。受験生の頃だったんですけど。

僕は、それを大事にできるパーソナリティは素晴らしいと思うから。いっぱい読みたい、と。静かに、落ち着いて、聞き役。パーソナリティなのに聞き役。で、凄いメールを読んで、癒やす。これだよって。

蓋開けたら、こんな体たらく(笑)メールを送ってくるな、俺の生き方をみろ、みたいな(笑)

関連記事


オリラジ・中田敦彦「爆笑問題のラジオで支えられていた」

爆笑問題・太田、オリラジ中田敦彦の自伝小説『芸人前夜』の感想「ミスター・ビーンみたいだな」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 中田敦彦,爆笑問題,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン
次の記事:山里亮太、『ナカイの窓』でハワイロケの予定が「韓国にロケ地変わった」と騙された過去「中居正広という男は、キングオブ悪ふざけ」

前の記事:オリラジ中田敦彦、ラジオはナイナイ岡村隆史のような「心に傷のあるパーソナリティが良い」と語る「弱者に寄り添える」