TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、怖い怪談を作る上でのコツについて語る「あえて怖くない物を登場させる」「あえてツッコミ所を作っておいて後に回収」

伊集院光、怖い怪談を作る上でのコツについて語る「あえて怖くない物を登場させる」「あえてツッコミ所を作っておいて後に回収」

2019.03.19 (Tue)
2019年3月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、怖い怪談を作る上でのコツについて語っていた。



伊集院光:まずね、全然怖くないものを頭の中で考えるってやり方があって。全然怖くない、「それって、何やったって怖くなくなっちゃうじゃん」っていうことを考える。

それは、僕の中でいつも分かりやすい教材で出すのは、歩くとピキョピキョ鳴るサンダルあるじゃん。歩くと、ピッキョ、ピッキョって変な笛の入ってるサンダルあるじゃん。もう絶対怖くないじゃん。でも、ここを一番怖い場所でこれをつけるともう怖いんだよ。

怖いものと怖いものは、足してもあんまり怖くなんないんだけど、一番怖くないものを、置く場所によっては凄い怖くなるっていうレシピがあります、と。

で、あとその中に入れる、登場させる人はどういう人がいいんですか、みたいなことと、話の展開って、どういうことにしたらいいんですかっていう。話の展開でいうと…ちょっと今、これ俺の話していること、多分5万とれる話だと思うんだけど。…じゃあ、今日はここまでです(笑)

この先は課金です(笑)この先は課金しないことにはダメなんですけど(笑)もうちょっとだけ言っておくと、その話の中で、「それはここが矛盾してないか?」ってところは、あえて作ります。もしくは、話の中で「それって単純に疲れてて、見間違えってことじゃないんですか?」みたいなことを作ります。もしくは、その時代にこんなものはないんじゃないですか、とかを作ります。

で、作って終盤でそれを言いますっていう。終盤で、「これって目の錯覚じゃねぇの?」っていうのを、必ずこっち側から言うことで、一端、引きとるんだけど、「でも、目の錯覚じゃありえないところって、こことここにありますよね?」っていう。

「実際に、この人触っちゃってますよね、あのタイミングで」っていうことを言うための罠を、ずっと仕掛けてるっていう。聞いている人が、ずーっと心のどこかに引っかかってる何かを作っとくっていうのが、怖い話のテクニックの中にありますっていう。

関連記事


稲川淳二が明かす、誰でも怪談話が上手くなる3つのコツ「擬音、早口、複数の聞き手」

伊集院光、怪談話をテレビやラジオでしなくなったのは「霊感あるんですよね?」といった論争に巻き込まれるのがイヤだからと語る

伊集院光、「怪談の創作・話すのが好き」と「霊感がある」というのは別物であると指摘「全く別物だから」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,怪談,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、若手時代にハローワークで「求人 該当なし」と出るのを見て奮起していたと告白「だったらお笑いやるしかねぇ」

前の記事:伊集院光、怪談話をテレビやラジオでしなくなったのは「霊感あるんですよね?」といった論争に巻き込まれるのがイヤだからと語る