TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、漫才ブームの中で落語家を志したのは「友達がいなかったから」だと語る「気の合う友達がいたら、漫才をやってる」

伊集院光、漫才ブームの中で落語家を志したのは「友達がいなかったから」だと語る「気の合う友達がいたら、漫才をやってる」

2019.03.18 (Mon)
2019年3月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、漫才ブームの中で落語家を志したのは「友達がいなかったから」だと語っていた。



伊集院光:メールテーマのCMを録る上で、いつも例題を一個出すんですけど。

新井麻希:うん。

伊集院光:(メールテーマ「本当のきっかけ!」について)僕、多分、落語家になったきっかけって、一番大きいきっかけは、友達がいなかったからな気がするの。

新井麻希:友達がいないと、落語をやるんですか?

伊集院光:えっとね…漫才の大ブームだったんですよ、世の中は。

新井麻希:はい。

伊集院光:漫才ブームだから普通、気の合う友達がもう一人いたら、漫才をやってると思うんですよ。

新井麻希:ああ。

伊集院光:だって、お笑いになりたいわけだから。

新井麻希:はい、はい。

伊集院光:で、そういう友達はいなくて、一人でいるじゃない。

新井麻希:はい。

伊集院光:それでもお笑いやりたかったりとか、「へぇ、落語ってもんがあるんだ」ってなって、見てる内に「あ、落語って面白いや」とはなってくるんだけど。

新井麻希:うん。

伊集院光:本当のきっかけは、親友と呼べるような友達がいなかったからだと思うんだ。

新井麻希:へぇ。

伊集院光:まぁ、そんな話をもらうんですが。

新井麻希:はい。

関連記事


伊集院光、落語家ではなくタレントをしていることに師匠・三遊亭円楽が「ある意味、今、回り道みたいなもの」と発言していたと明かす

伊集院光、三遊亭円楽に「70歳を迎えた記念の会で伊集院に落語を」と言われたことを明かす「師匠、68だからそんな先じゃないじゃん」

伊集院光、落語家時代に三遊亭円楽師匠からかけられた言葉「苦労は芸の肥やし。だけど、肥やしをあげ過ぎた花は枯れる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,落語,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、フロッピーディスク・MO・DATなど既に再生機器のなくなった記憶媒体をどうすべきか迷う「こんまりだったら5秒で全部燃やす」

前の記事:チュート徳井、『Mステ』出演後の嵐・相葉雅紀とエレベーターで居合わせたと告白「嵐の相葉君と一緒やって」