TOP神田松之丞 問わず語りの松之丞 ≫ 神田松之丞、浅草芸能大賞の授賞式でスタッフにブチギレそうになっていたと告白「怒っちゃダメだ。怒っちゃダメだ…」

神田松之丞、浅草芸能大賞の授賞式でスタッフにブチギレそうになっていたと告白「怒っちゃダメだ。怒っちゃダメだ…」

2019.03.18 (Mon)
2019年3月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週日 23:00-23:30)にて、講談師の神田松之丞が、浅草芸能大賞の授賞式でスタッフにブチギレそうになっていたと告白していた。



神田松之丞:アンガーマネージメントっていうふうに言って、怒りをコントロールすることを学んだはずなんですけど、アンガーマネジメントに行ってから、ずっとキレてるんですよね。

ずーっとキレて。この収録も土曜日なんですよ。浅草芸能大賞っていうのに行ってきまして。大賞が草笛光子さん、女優の方ですね。奨励賞が林家たい平師匠で、新人賞は私で。

俺、そのおめでたい浅草芸能大賞でも、スタッフにキレてんのよ。「暑い」っつって。もう狂気だよね、俺も。おめでたい席じゃん。「新人賞、おめでとう」なんつってさ、草笛光子さんもさ、グレイヘアでさ、とにかく対象ゲット。で、たい平師匠もたい平師匠でって感じで、で、俺も俺なんだけど。

とにかく暑くってさ。芸能大賞さ、とっちゃったからこれ、返却ってことないよね?「ラジオで言ったから返してください」ってないよね?(笑)ウチに賞あるからね。

浅草芸能大賞から言うと、最初の段階からプイプイしちゃっててさ。「2時半までに入ってください」みたいなこと言われて、入ったの。で、「マイクチェックとかしようと思うんですけど」って言ったら、向こうが「いや、お客さん入っちゃってるんで、マイクチェックできないです」って言うの。

「え?マイクチェックできないの?」って。「マイクチェックできなかったら、高座できないじゃん」って思って。だって、マイクチェックがあっての高座だよ。「だって、浅草芸能のそこって結構広いよって。そこらへんの50人相手にやるんだったらマイク要らねぇけど、マイクで一番後ろの隅々まで聞こえる、みたいなのがベストなんじゃないの?」っつって。

「どうなってんの?」って、まずその時はそんな怒ってないけど、「あ、そういうもんなんですか」って言われて。…また怒っちゃって、俺。思い出し怒りになっちゃって。

で、そしたらその人が後で確認してきたら、「別のスタッフがちゃんとやってます」みたいなことを言うから。「でも、釈台ないからちゃんとできないんだけどな」なんて思いながらも、モヤモヤ、モヤモヤしながら。

で、前座がいたから「マイクチェックしたか?」って。「いや、マイクチェックもなにも、今、入ってきたばっかりですから」って、俺より遅れて入ってきたの。うーん…でも、ここはおめでたい席だからなって思って。


でさ、受賞者は俺なんだけど、その前になぜかさ、林家ぺー師匠が漫談やってんだよ。林家ぺー師匠とか漫才の方とか、マジックの方とかやってるんだけどさ。でも、なんか林家ぺー師匠の漫談を見て、とにかく心をリラックスしようと思うんだけど、とにかくペー師匠がスベってるわけ(笑)

「パー子は?」って見たら、楽屋にいんだよ。楽屋でバー子だけ笑ってんだよ。で、ペー師匠が「笑っていいんですよ」みたいな、そんなイジりまで。俺のめでたい席に、ペー師匠がどんどんスベってくわけ。

「パー子、何してんだよ」って思って。あとでパー子さんが合流みたいなんだけど、遅いんだね、合流すんのが。あれ、やっぱりパー子さんいないと、このペー師匠もね。林家一門のナンバー2ですけど、今。

スベってないですよ、冗談んですよ(笑)リスナー、本気にしちゃうから。前半の5分ぐらい、もう本当ヤバかった、ペー師匠も。で、6分ぐらいからやっぱ、ギアり替えたもんね
、「これヤバイ」ってことで。

で、漫才もウケて、マジックもウケてってなってさ。その3人で授賞式みたいなことやって。賞とかもらってさ。俺がトップバッターで高座上がるんだけどさ。

もうね、俺も最後、気づけば良かったと思うんだけど。もう熱帯夜なのよ。もうお客さんがまず仰いでるわけ。お客さん仰いでるの、もうちょっと勘弁してくれよっていうんで、もう朦朧としながら。

で、BS笑点のスタッフが実はいてさ、浅草芸能大賞の模様を後で流す、みたいな感じになってんのよ。俺、ちゃんとBS笑点のスタッフに、「これ、出来悪かったらオンエアなしでいいですか?」って。「もちろんですよ、それは」って。「そんなことは99%ないと思うんですけど、一応、一応」って言うんだけど、最初の1分で俺、心の中で笑点スタッフに「これ映すなよ」って思ったの。

もう、今携帯かけたいぐらい。だって、俺、20分の高座さ、暑すぎてずーっと30回ぐらいてぬぐいで顔拭いてんだよ。もう水芸みたいになってんの、暑すぎて。

で、終わったあとさっきのマイクチェックしてねぇ奴にさ、また言ってさ。横にたい平師匠もいるから、そんな本気でキレるわけにいかないから、「温度とかって、どうなってるんですかね?」って。「お客さん、仰いでる人もいましたし、舞台ってね、凄く暑いんでダメなんですよ。チェックしました?」って。

「聞いてみます」って、「しました」って。…怒っちゃダメだ。怒っちゃダメだって。で、楽屋戻って着替えてさ、早く帰ろうと思って、こういうところはさ。で、パッと出て行ったらさ、他のスタッフが「お疲れ様でした、お疲れ様でした」って。

俺も大女優じゃないからさ。俺みたいなのペーペーだからそんなのいいんだよ。「すみません」って。で、これはもうあれだ、「翁」行こうと思って。大好きな浅草の蕎麦屋。ガラガラって開けたら、俺の大嫌いな落語芸術協会の理事がいてさ。ガシャンってまた閉めて。

本当、ブチギレながら今、収録してるところなんですけど。

関連記事


神田松之丞、評論家・矢野誠一に講談を酷評され激怒「ふざけるな、矢野誠一」

神田松之丞、評論家・矢野誠一に直接電話をかけて「20分に渡って、本人に罵倒をずっとしてた」と明かす

神田松之丞、『ダウンタウンDX』で「中2でED」ネタにより大スベリしている最中に土屋アンナから「EDって何?」と質問されたと明かす

神田松之丞、NHK番組への出演発表前にラジオ番組で喋ってしまい上層部を激怒させてしまったと告白「上層部の上まで…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 神田松之丞,浅草芸能大賞,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  神田松之丞 問わず語りの松之丞
次の記事:神田松之丞、CM動画撮影でスポンサーの社員がいるにも関わらずキレてしまったと告白「織田裕二気取りでさ」

前の記事:有吉弘行、哀川翔も白竜のケンカの強さを認めていたと明かす「あれは強いとかじゃない、ヤベェんだ」