TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ マツコデラックス「加藤浩次をオカズにしたことがある」

マツコデラックス「加藤浩次をオカズにしたことがある」

2008.10.13 (Mon)
2008年10月10日放送の『加藤浩次の吠え魂』で、『ピンポン』などのコメンテーターでも有名であるマツコデラックスについて語られた。話の発端は、マツコデラックスと加藤浩次が、10月28日から開始する新番組『悪魔の契約にサイン』の打ち合わせを兼ねた食事に行ったときのこと。

マツコデラックスの印象を、加藤は「デッカイんだよ。140kgあるんだってさ。パッと見はスターウォーズのジャバザハット」と述べていた。めちゃイケでも絡みがある二人であり、このときにマツコの胸をもんだことを加藤は思い出していたようだ。

遅れてきたマツコは、髪を結んでベースボールシャツを着ており、「完璧に(力士の)新弟子」のようであったと加藤は語っていた。来るなり、汗だくのマツコは、昼間からビールを頼んだのだという(中ジョッキを一気のみしたのだという)。ちなみに、マツコはビールが好きであり、1日500mlの缶ビールを20本呑んだこともあるのだという。

そんなマツコデラックスが、とんでもないことを以下のように話し始めたのだという。


「私、ぜんぜんモテないの。だからね、私なんてね、ずーっと無いの」と話し始めたマツコデラックス。「だから、加藤くんシャぶらせて!」などと言い出したのだという。もちろん、加藤は丁重におことわりしたのだという。

さらにマツコは、「私ね、加藤くんのことが昔から好きだったの。だからね、番組で裸になっていたことあったわよね。その映像で、シコったことがあるのよ」と、衝撃的な告白をしたのだという。さらに、「不思議なものよね。ヌイたオカズの人が、目の前にいるのって。もうね、ストップモーションで何回シコったのか分からないわ」と笑顔で言い出したのだという。

その風体といい、そのコメントといい、マツコデラックスにはもの凄いインパクトを感じたようだ。加藤は、「嬉しいような、イヤなような…複雑な思い」をしたようだ。

【関連記事】
加藤浩次の吠え魂 トーク集


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次、ディズニーランドで要注意人物になる?

前の記事:三遊亭楽太郎 師匠、「円楽」襲名へ

本日の注目記事