TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、「嫌いな人はどんな人?」という番組の事前アンケートに悩む「山里さんみたく分析してないから」

赤江珠緒、「嫌いな人はどんな人?」という番組の事前アンケートに悩む「山里さんみたく分析してないから」

2019.03.12 (Tue)
2019年3月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、「嫌いな人はどんな人?」という番組の事前アンケートに悩んでいると告白していた。



赤江珠緒:(番組に)出るタレントさんとか、出演する人が事前に訊かれるアンケートってあるじゃないですか。

山里亮太:あります。

赤江珠緒:それを今、一生懸命考えてるんですけど。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:「苦手な人はどんな人ですか?」みたいな。

山里亮太:ああ、はいはい。

赤江珠緒:いろんな項目があるんですけど、それやっぱ答えていると、凄くこう自分と向き合わなきゃいけなくなるぐらい、結構、綿密に色々アンケート書かなきゃいけなくて。

山里亮太:はい。

赤江珠緒:どうしたもんかなって思って。苦手な人…それは苦手な人が全くいないわけじゃなくて、いますとも。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:いますけども、しっかりと分析してないっていうか、山里さんみたいに。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:山里先生みたいに、「これが苦手だ、ここが苦手だ」って、あんまり突き詰めずに生きちゃってるっていうか。

山里亮太:ああ、そうなんだ。

赤江珠緒:なんとなくイヤな人はイヤだから。あんまり考えないでおこう、とか。大人になったらある程度、「そんなにイヤなら離れればいいじゃん」みたいなのも多少できるじゃないですか、子供の時と違って。

山里亮太:うん、そうね。

赤江珠緒:だからそこまで突き詰めて考えていなかった結果、何に対してイヤと思ってるのか、「ん?」みたいになりまして。

山里亮太:ああ。自分の苦手なタイプが探せなくなっちゃった?

赤江珠緒:「苦手なタイプってなんだ?」って思って。グーッと考えて。たとえば、「異性におもねってる女性を見たらイヤになりませんか?」とか言われるんだけど。

山里亮太:具体例とか書いてあるからね。

赤江珠緒:それはそれで面白いなって思うの。

山里亮太:よくね、「女子が嫌いな女子」とか、そういうの求められるわけでしょ?

赤江珠緒:そう、そう。

山里亮太:ないもんね、赤江さん。

赤江珠緒:正直、「面白い」って思って。

山里亮太:「よくできんな」みたいな。

赤江珠緒:「うわぁ、凄い。耳たぶ触って、肩に手を置いてる。膝に手を置いて、ふとももに」とかさ。

山里亮太:それ、野球のサインの話?

赤江珠緒:ふふ(笑)そうやって媚びを売ってる方だったとしても面白いし。

山里亮太:赤江さんって器デカイから、嫌いにならないでしょ。

赤江珠緒:違う、違う。おおらかっていう次元じゃなくて、その辺、大雑把に生きちゃってるので。

山里亮太:それも幸せじゃない。

赤江珠緒:かと言って、「苦手な人いないんです」って菩薩みたいに生きてるわけでもないしさ。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:嫌な目に遭ってもいるはずなんだけど、それをちゃんと山里さんみたいに記録もとってなければさ…

山里亮太:あ、とってないの?

赤江珠緒:ふふ(笑)だから、山里先生はこういう時、そうだなぁって思って(笑)

山里亮太:俺、だってそのアンケートきたら、秒で書けるぜ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:だって、ノート開いて写せばいいだけだもん。

赤江珠緒:そうだよね(笑)

関連記事


博多大吉、『アメトーク』でブレイクしたきっかけは「マネージャーの番組事前アンケート渡し忘れ」だったと告白

伊集院光、明石家さんまのMCとしての凄まじい能力を改めて解説「周りに芸人がいない場面でも上手く立ち回れる凄さ」

明石家さんま、アイドルですら番組の事前アンケートをしっかり準備する時代に驚き「感心する」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,山里亮太,たまむすび,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、担当するタレントにだけ媚びを売るスタッフが嫌いだと告白「他のタレントも乗るロケ車を待たせてスタバに」

前の記事:山里亮太、『ナカイの窓』最終回で中居正広とハワイロケを行ったと明かす「ただただ楽しかった」