TOPたまむすび ≫ ピエール瀧、『たまむすび』について「基本、放送しなくてもいい内容じゃないですか」と発言

ピエール瀧、『たまむすび』について「基本、放送しなくてもいい内容じゃないですか」と発言

2019.03.01 (Fri)
2019年2月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、電気グルーヴのピエール瀧が、「『たまむすび』は基本、放送しなくてもいい内容じゃないですか」と発言していた。



赤江珠緒:NHKの方が、(『いだてん』終了後のストリーミング放送は)「たまむすびっぽい感じで」っておっしゃったので。

ピエール瀧:やっぱそのオーダー、あったんですか?(笑)

赤江珠緒:はい(笑)

ピエール瀧:なるほど。

赤江珠緒:って言ってくださったから、「なんだ、このウチのラジオの感じでいいんですね」っていう。

ピエール瀧:ってことはイコール、NHKは本気じゃないってことじゃないですか。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

ピエール瀧:要するに。

赤江珠緒:だから、「この感じでいいんだ」ってことは、気負うこともなければ、作品としてね、商品として、凄くきっちり、重箱の隅まできっちりのお弁当、綺麗な折り詰めみたいなものを用意しなきゃいけないってわけではないんですな、と。

ピエール瀧:うん、そうでしょうね。まぁ、『たまむすび』も基本、放送しなくてもいい内容じゃないですか。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

ピエール瀧:わざわざ、オンエアに乗せるほどの話はしてない。

赤江珠緒:瀧天狗、あまり有り体に言うのはどうかと(笑)

ピエール瀧:だからその辺を考えると、『たまむすび』と同じってことは、『いだてん』トークも、オンエアしなくてもいいくらいってことでしょ。

関連記事


赤江珠緒、『たまむすび』卒業にあたってピエール瀧に答辞「瀧氏に弄ばれた5年間は、痛快でもありました」

赤江珠緒・ピエール瀧、吉村昭の小説『漂流』を絶賛「究極のサバイバル」

ピエール瀧、『たまむすび』に出演する石野卓球が「危ないゲスト」と紹介されたことに苦笑い「別に危なくはないですよ(笑)」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ピエール瀧,たまむすび,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:木梨憲武、安田成美と家でシャンパンを17時半に飲み始めて「18時50分に爆睡」していたと明かす

前の記事:ピエール瀧、『いだてん』第8話の金栗四三を見送る感動的なシーンのはずが最初に撮ったシーンであるため「みんなよそよそしい」と指摘